• HOME
  • > 最新情報

最新情報

【報告】2016年度 東日本大震災復興支援ボランティア活動の報告

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年9月16日

 2016年8月12日(金)~16日(火)に宮城県石巻市雄勝にて、学生30名と大石部長、東郷コーディネーターの引率者2名の計32名で通算16回目の東日本大震災復興支援ボランティアを行ってきました。
 12日(金)の8時に深草キャンパスをバスで出発し、約900kmの道のりを経て、21時半に石巻市内の宿に到着ました。
 13日(土)の午前中は、市街地域を語り部ボランティアの方の案内で、漁港や日和大橋、旧門脇小学校、復興公営住宅、工場地域などを視察しながら、震災前、震災当時、震災後の石巻について、お話を伺いました。その後震災遺構として保存されることとなった旧大川小学校に向い、献花台にお参りした後、徳水博志氏(社団法人 雄勝花物語代表、元教諭)に周辺を案内していただきました。午後からは雄勝町に移動し、徳水先生から雄勝小学校の子ども達が実際に避難した経路を歩きながら、防災教育を受けました。また、夜には髙橋頼雄氏をゲストにお迎えし、お話を伺いました。
 14日(日)は、「雄勝灯籠流し」のお手伝いを行いました。地元の方に教わりながら、灯籠の制作を行い、灯籠の運搬をみんなで協力しながら一生懸命に行いました。浜供養の後、地元の人と協力し灯籠を船に運び、海上に灯籠を流しました。雄勝湾には、無数の灯籠が幻想的に浮かびあがりました。終了後は地元の皆さんの心づくしのバーベキューをふるまっていただき、地域の皆さん、共に活動した東北学院大学などの学生さんたちと一緒に供養花火を見せていただきました。
 15日(月)は、灯籠流しの後片付けを行った後、午後から雄勝町を「花と緑の力」で復興するために、徳水さんご夫妻が立ち上げられたプロジェクトである社団法人 雄勝花物語が運営する雄勝ローズファクトリーガーデンの整備をお手伝いしました。 
 今年もチーム龍大で協力しながらなんとか活動を無事に終了することが出来ました。濃くて濃密な5日間でした。

 9/27(火)に17:50~19:20に瀬田キャンパス6号館プレゼンテーション室で「2016年度 東日本大震災報告会」を開催します!ぜひ、ご予定ください。
詳しくは→http://www.ryukoku.ac.jp/npo/news/detail.php?id=8356

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る