• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学 実践真宗学研究科シンポジウム「お寺ってなんだ!?~求められる寺院のすがた~」

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年11月4日

 龍谷大学実践真宗学研究科では、下記のとおり「お寺ってなんだ!?~求められる寺院のすがた~」をテーマにシンポジウムを開催いたします。
社会状況の変化―人口の流動化や、「家」、「家族」意識、地域コミュニティのあり方の変化等―とともに、宗教施設としての寺院を取り巻く環境も大きく変化しています。その変化は、伝統的な寺院の活動・運営の大きな課題となるとともに、寺院に対する社会からの新しいニーズや期待も生じさせています。そのような状況を受けて、宗教者、宗教施設もさまざまな実践を行うようになってきました。今日では、従来の枠を超えた地域社会や、より広く社会一般に向けた活動も多く見られるようになりました。
 そこでこのシンポジウムでは、寺院の本質的意義とは何か、人びとが寺院に何を求めているのかについて、宗教社会学、社会学、仏教者・僧侶それぞれの立場から広く提言を頂き、ともに考えていきます。
 寺院がこれまで担ってきた役割とは何か、これからの社会において果たしうる役割とは何かを見つめなおし、寺院の特色を生かした実践の可能性を探求していきます。



 1.開催日時 : 2016年11月17日(木) 13:30 ~17:00
 2.開催場所 : キャンパスプラザ京都 5階 第1講義室  (定員:280名)
         (〒600-8216 京都府京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939)
 3.テ ー マ : お寺ってなんだ!?~求められる寺院のすがた~
         提言1「人口減少社会に生きる寺院仏教に覚悟はあるか」 
          パネリスト:櫻井 義秀 氏(北海道大学 大学院文学研究科 教授)
         提言2「寺院の機能とお寺の存在の相即を」
          パネリスト:山口 洋典 氏 (立命館大学 共通教育推進機構 准教授)
         提言3「〈お寺〉への回帰」
          パネリスト:藤丸 智雄 氏(浄土真宗本願寺派 総合研究所 副所長)
          コメンテーター:貴島 信行(龍谷大学 文学部 教授)
          コーディネーター:葛野 洋明(龍谷大学 文学部 教授)
 4.入  場 : 参加費無料・事前申込不要
 5.主  催 : 龍谷大学実践真宗学研究科
 6.協  力 : 龍谷大学人間・科学・宗教・オープンリサーチセンター
 7.チ ラ シ : http://www.ryukoku.ac.jp/faculty/graduate/practical_shin/news/detail.php?id=8558
上記URLよりダウンロードできます。

以 上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る