• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷サミット「グローバル・クライシス・ゲーム」を開催 各国の立場で「シリア騒乱」について考え、英語で討議

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年12月15日

 龍谷大学国際学部は、各国の立場で「シリア騒乱」について考え、英語で討議する、龍谷サミット「グローバル・クライシス・ゲーム」を開催します。
 この龍谷サミットでは、模擬国連(※)形式で実施します。各チームはそれぞれの国を代表し、各国(他チーム)と交渉していきます。参加する学生達は、それぞれの国の立場で会議に臨み、交渉していくことで、外交政策の意思決定者の考え方について触れるとともに、中東情勢への理解を深め、データ収集力、チームワークそして交渉力の強化を図ります。
 会議および各国間の交渉等はすべて英語で行います。各国(各チーム)には、それぞれ、2名の日本人学生、1名の留学生に加えて、2名の高校生(龍谷大学付属平安高等学校)も参加します。
 今回の会議は、「シリア問題について話し合うため日本、アメリカ、ドイツ、トルコ、ロシアの5ヶ国が集まり、緊急で開かれた」という想定で行われ、当日までにそれぞれの国の立場を表明したポジションペーパーを作成し、当日会議前に発表します。会議の進行は、国際政治で行われる手順に則って進められ、各国の状況については、マスメディアグループが逐次取材、発表していきます。公式、非公式の交渉を経て、最終決議を議決することを目標にしています。

※模擬国連
 国際連合の会議をシミュレーションする教育活動。参加者は担当国の外交官として、その国の利害
を代弁して交渉・議論を重ね、問題解決への合意形成を図る。



1.日     時 : 2016年12月17日(土) 13時~18時
           2016年12月18日(日) 9時~17時
           詳細なスケジュールは、以下をご参照ください。

2.場     所 : 龍谷大学深草キャンパス 和顔館

3.想定シナリオ  : シリアの難民問題と内戦に関して、5ヶ国から構成される緊急会議が日本を主催
           国として開催される。即時停戦合意がありえない状況で、参加国の代表団の一員
           として、あなたはこの危機の迅速な解決に向けて、何をするだろうか。

4.使 用 言 語  : 各国(各チーム)の交渉および会議・発表は、英語を公用語とする。 
           ただし、国内の会話は母国語を使用してもよい。(日本語使用可)

5.担 当 教 員   : 陳  慶昌  国際学部グローバルスタディーズ学科 准教授
           清水 耕介  国際学部グローバルスタディーズ学科 教授

6.そ の 他  : セッション以外の時間帯に非公式交渉を行ってもよい。

7.スケジュール:
  17日(土)
   12:30~ 受付開始      
   13:00~ 開会式     
   13:30~ ルール説明
   14:00~ ポジションペーパーセッション
   15:30~ コーヒーブレイク
   16:00~ セッションⅠ
   18:00~ ディナーレセプション

  18日(日)
   9:00~ セッションⅡ
   10:30~ コーヒーブレイク
   11:00~ セッションⅢ
   12:30~ 昼食 和顔館2F  ロビー
   13:00~ 龍大生による学部説明
         ※平安高校の参加者対象
   14:30~ セッションⅣ
   16:00~ クロージングセレモニー

以 上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る