• HOME
  • > 最新情報

最新情報

龍谷大学農学部生が栽培した「龍谷米」を 農学部学生が直接販売 1/18(水)11:00~深草キャンパスにて

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年1月17日

龍谷大学農学部では、実習農場で栽培した米(「龍谷米」)を1月18日に深草キャンパスで販売します。本学農学部では、「食の循環」をテーマにし、生産、加工、流通の流れを体験する「食の循環実習」を低年次の必修科目としており、今回の米販売もこれらの一環で実施されるものです。18日当日は、農学部生が深草キャンパスにて「龍谷米」の直接販売を行います。




1.日時  2017年1月18日(水) 11:00~14:00

2.場所  龍谷大学深草キャンパス内
       (京都市伏見区深草塚本町67)
       ※キャンパス内をリアカーで移動しながら販売します

3.内容  農学部生による農学部実習農場で栽培した4種類の米(「龍谷米」) の直販売
       
品種:「にこまる」(税込300円)
   「きぬむすめ」「日本晴」「ヒノヒカリ」(いずれも税込200円)
    ※4種ともに1袋3合入


※食の循環実習について
 農学部の学生が学科の垣根を越えて合同で食や農に関わるプロセスを実体験。農産物の生産から加工・流通・消費・再生に至る一連の流れを「食の循環」とし、それぞれのプロセスを実際に体験します。 
イネ・ムギ・ダイズの他、各種野菜などを育て、モチやパン、麺などに加工します。また、全てが流通システムの中で機能していることも実感できるプログラムです。

以 上

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る