• HOME
  • > 最新情報

最新情報

2016年度 第8回 REC BIZ-NET研究会 「ナノバブル(ウルトラファインバブル)の利用」を開催しました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年3月13日

上田氏の講演
松浦氏の講演
西嶋氏の講演

 3月13日(月)、龍谷大学瀬田キャンパスにて、2016年度 第8回 REC BIZ-NET研究会「ナノバブル(ウルトラファインバブル)の利用」を開催しました。
 今回の研究会では、革新的技術として注目されているナノバブル(ウルトラファインバブル)の関連技術について、幅広く紹介いたしました。

1「ナノバブルの電磁気学的特性についての検討」
  京都大学 生存圏研究所 上田 義勝 氏

2「ウルトラファインバブルの可能性」
  株式会社Ligaric 開発営業課 松浦 司 氏

3「オゾンナノバブルを活用した生物学的排水処理により
  発生する余剰汚泥の削減」
4「耐塩素Robust膜を活用したバイオファウリング及び粒子制御」
   広島大学 環境安全センター 西嶋 渉 氏
※当初発表を予定した本学理工学部奥田准教授が体調不良のため、プログラムを変更し、急遽西嶋氏に2つのテーマをお話しいただきました。
 
 また、講演の後にはナノバブル発生装置を使用した、デモンストレーションを行いました。
 年度末にもかかわらず、たくさんの方にお越しいただいた満足度の高い研究会となりました。
 
 RECでは、本研究会にご参加いただいた皆さまとの出会いを大切にし、今後も活動を行ってまいります。また、次年度以降も情報提供、懇親交流の場、資質向上の機会として様々なテーマで研究会を開催いたします。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る