• HOME
  • > 最新情報

最新情報

本学学生が「漬物グランプリ2017決勝大会」に出場します

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2017年4月18日

 4月29日(土)、東京ビッグサイトで開催される「漬物グランプリ2017決勝大会」に、農学部食品栄養学科の学生3組5名が選出されました。

 出場のきっかけは、本学と「産学地域連携基本協定書」を締結(2014年)した滋賀県中小企業団体中央会の会員組合である滋賀県漬物協同組合と本学農学部食品栄養学科との産学連携による取り組みです。「近江つけもの」のブランド化を目指すというテーマのもと、「近江つけもの」や関わりの深い近江の野菜等について学び、その後、同協同組合と本学教員・学生が連携し、新しい「近江つけもの」のレシピ開発を進めてきました。

 その成果として、出来上がった11種類のレシピを「漬物グランプリ2017」に応募し、一次審査、二次審査を経て、この度、決勝大会進出作品として3種類のレシピが選ばれました。

 当日は、一般来場者試食による投票審査、審査員実食による審査、作品を紹介するプレゼンテーション審査が行われ、「お漬物日本一」が決定します。審査用の試作品は、株式会社ガーデン様(滋賀県守山市)、甲賀農業協同組合様(滋賀県甲賀市)にご協力いただき、滋賀県産の野菜にこだわった準備を行い、当日に挑みます。本学学生に熱い応援をよろしくお願いいたします。

<選出作品>

 ① 杉谷とうがらしの燻製醤油漬け
 ② ぱくっとかんぴょうロール
 ③ 滋賀野菜の酒かすからし漬け

漬物グランプリ2017決勝大会ホームページはこちら

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る