龍谷大学

龍谷大学ボランティア・NPO活動センター

HOME > 社会連携 > 龍谷大学ボランティア・NPO活動センター > メールマガジン > 龍大ボラセンメールマガジン vol.203

龍大ボラセンメールマガジン vol.203

MAIL MAGAZINE BACKNUMBER

2016年12月15日(木)発行


龍大ボラセンメールマガジン vol.203

 みなさんこんにちは!師走に入り寒さも本格的になりました。年末年始も近くなり、
下宿生の方は帰省を考え始める頃ですね。さて、今年の締めくくりとして、ボランテ
ィアに行ってみませんか?冬休みにボランティアに行ってみたい人、興味を持ってい
る人、ぜひボランティア・NPO活動センターまでお越しください!
================ラインナップ================
(1)	センターからのお知らせ
    ◆春季体験学習プログラム福島スタディツアー◆
    ◆社会連携・社会貢献活動報告会
         ~学生と地域が共に学びあう教育をめざして~◆
    
(2)	ボランティア&イベント情報 
    ◆未来へつなぐ棚田のバトン しが棚田ボランティア募集◆
    ◆第14回アビリンピック京都大会ボランティア募集◆
    ◆まめもやし会食会のお手伝い募集◆
    ◆梅小路 プレイパーク◆

(3)	特集  ~ギネス記録への挑戦~【深草キャンパス】 
(4)	スタッフからのひと言【深草キャンパス】 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)	センターからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
〈全般〉
◆◆春季体験学習プログラム福島スタディツアー◆◆ 
~福島の「今」を見、福島を生きる人々の「言葉」を聴き、
                そして「自分」を見つめる~
■期 間:2017年2月24日(金)~2月28日(火)(4泊5日)
■訪問地:福島県福島市、南相馬市、飯館村、本宮市、郡山市
■参加費: 20,000円(バス移動費、宿泊費、体験費、食費込み) 
■募集人数:15名
 ※参加希望の方は、募集説明会に参加し、プログラム内容を十分理解した上で
参加してください。
詳しくは→http://www.ryukoku.ac.jp/npo/news/detail.php?id=8847
■申込み・問合せ:ボランティア・NPO活動センター
     【TEL】075-645-2047 【Email】ryuvnc@ad.ryukoku.ac.jp


◆◆社会連携・社会貢献活動報告会
         ~学生と地域が共に学びあう教育をめざして~◆◆ 
■日 時:2016年12月17日(土)13:00~17:10
■会 場:龍谷大学深草キャンパス22号館3階301教室
■参加費:無料 
■内容:記念講演 「地域活性化に向けて若者に期待すること」
         島根県海士町長 山内道雄氏
    事例紹介、トークセッション、ポスターセッション、施設紹介など
■申込み・問合せ:龍谷大学龍谷エクステンションセンター事務部
 詳しくは→http://www.ryukoku.ac.jp/news/detail.php?id=8776

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)	ボランティア&イベント情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★環境★
◆◆未来へつなぐ棚田のバトン しが棚田ボランティア募集◆◆
 山の斜面などの傾斜地に作られた棚田は、食糧生産の場だけではなく、日本の原風
景とも言える美しい景観を育む場であり、様々な命が育まれる場所です。また、洪水
などの災害から国土を守る機能を発揮し、私たちの生活を支えています。しかし、棚
田がある中山間地域では、人口減少や高齢化が進み、草刈などの維持管理が難しくな
ってきています。農村で生活する人々だけでなく、都市部に住む人々にも様々な
『めぐみ』をもたらす棚田を、みんなで守っていきませんか?
■活動日時:2016年12月~2017年3月
■活動場所:現在、3地域で募集中です。
 詳細な活動内容は、滋賀県ホームページ(おうみ棚田ネット)を参照
 詳しくはこちら→http://www.pref.shiga.lg.jp/g/noson/tanada/
■活動内容:草刈り、ミソつくり、コンニャクつくり、竹炭用の竹切り、獣害柵補修
      側溝の泥上げ、しめ縄作りなど
      ※地域により異なります。
■保険:障害保険
■その他:現地までの交通費、食費などの必要経費は自己負担
■申込み・問合せ:滋賀県農政水産部農村振興課
    【TEL】077-528-3961  【E-mail】gh01@pref.shiga.lg.jp
     【FAX】077-528-4888

★福祉★
◆◆第14回アビリンピック京都大会ボランティア募集◆◆
 アビリンピックとは、「アビリティ(能力)」と「オリンピック」を合わせたもの
です。障害のある方が、技能労働者として社会に参加する自信と誇りを持つことがで
きるよう、職業能力を高めていただくと共に、多くの府民や事業主の皆様に障害者の
技能に対する理解と認識を高めていただき、障害者の雇用促進と職業安定を図ること
を目的としています。当日お手伝いをしていただける方を募集しています。
■活動日時:2017年2月11日(土)8:00~17:00
■活動場所:京都府立京都高等技術専門校 京都府立京都障害者技術専門校
            京都市伏見区竹田流池町121-3
            地下鉄くいな橋駅徒歩1分、近鉄上鳥羽口徒歩7分、京阪深草駅徒歩15分
■活動内容:大会運営補助(会場設営、誘導案内、受付、競技進行補助、交通整理)
■保険:イベント保険
■その他:交通費実費支給
■申込み・問合せ:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構
  【TEL】075-951-7481【FAX】075-951-7483【E-mail】kyoto-kosyo@jeed.or.jp
   【HP】http://www.jeed.or.jp/location/shibu/kyoto/

★国際★
◆◆まめもやし会食会のお手伝い募集◆◆
 東松ノ木市営住宅地には、歴史的経緯により在日コリアンが多く住んでおられます。
地元自治会と協力して、地域集会場を活用し毎週金曜日に「会食会」を行っています。
■活動日時:毎週金曜日10:00~14:00(頻度は月に1回)
■活動場所:東松ノ木市営住宅地域集会場   地下鉄十条駅徒歩10分
■活動内容:会食参加者宅を訪問し、食事会の呼びかけ、話し相手をする。
      食事の配膳、片付けなどの手伝い
■保険:無
■その他:食事代300円が必要です
■申込み・問合せ:東松ノ木市営住宅管理事務所【TEL】080-6155-0273  

★こども★
◆◆梅小路 プレイパーク◆◆
 自由で創造的なあそびを子どもたちと一緒に楽しみ、感動し、学んでいきます。
子どもたちが冒険心や挑戦心をはぐくみ、実行できるよう、あそびを盛り上げ、見
守り、手助けをしていきます。子どもたちとあそびたい、笑顔がみたい、昔あそびを
教えたい、技を披露したい、教員を目指しているなど、どんなきっかけでもOK!
活動の頻度も相談にのります。
■活動日時:第2・4土曜日(雨でもあります、途中参加・途中抜けok)
■活動場所:梅小路公園 芝生広場 すざくゆめ広場
      JR・地下鉄・近鉄 京都駅中央口より梅小路通を西へ徒歩約15分
■活動内容:「子どもが主役」の居場所作りのお手伝い
      プログラムや遊びの道具の考案
■保険:福祉行事保険
■その他:当日の昼食または交通費の一部を補助
■申込み・問合せ:京都市都市緑化協会公園管理事務所
   【TEL】075-352-2500  【E-mail】Kotayann@iris.eonet.ne.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)	特集  ~ギネス記録への挑戦~【深草キャンパス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名前:村井 俊介(すけさん)
所属:文学部1回生
 私は11月23日(水)に京都市伏見区深草小学校で行われた「竹とんぼを一斉に飛ば
すギネス世界記録」に挑戦するイベント運営のボランティアに参加し、交通規制や
自転車の誘導などを手伝いました。
 当日は地元の方々を中心に640人が集まりギネス記録に挑戦しました。ギネス記録
は会場への入退場がチェックされるなど厳しいルールがあり、会場は緊張した空気
に包まれていました。本番では、公式認定者の合図と同時に一斉に真上へと竹とん
ぼを飛ばし、結果、631人が竹とんぼを同時に飛ばすことに成功し、ギネス記録が
達成され、拍手と喝采が湧きました。寒い中緊張しながらのボランティアでしたが、
地元の参加者の方と喜びを分かち合うことができました。挑戦が終わって、参加者
の方へ温かいお茶を配っていると、「お疲れ様!」「楽しかったですね」と声をか
けていただき、地域の方と暖かい交流できて本当に良かったと感じました。
 今回、このイベントに使われた竹は深草地域の竹林で伐採されたものです。近年、
人手不足で竹林の荒廃が進み、ごみの不法投棄も多発しています。そんな地域課題
にも目を向けるいい機会となりました。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4)	スタッフからのひと言【深草キャンパス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名前:湯川 希(さゆ)
所属:法学部1回生
 こんにちは、学生スタッフのさゆです。今年もいよいよ残りわずかとなってしまい
ました。自分の視野を広げたいと思い学生スタッフになり、4月から活動する中で、
いろいろなことに気付いた一年でした。まずは、ボランティアが気負うことなく楽し
く行えるものだということ、また、些細なことでも人の役に立てると分かったことは、
これからの人生に意味があることだと感じています。
 この1年は与えられることが多かったですが、来年は自分から主体的に行動し、友
達や周りの人を巻き込めるような力をつけたいと思っています。私たちと一緒に小さ
なことから始めてみませんか?

★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆
●本メールマガジンの内容の無断での複製・転用を禁止します。
●ご意見・ご感想は以下のアドレスに返信ください。
●配信の停止を希望する方は以下の連絡先までご連絡ください。
★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆

発行:龍谷大学ボランティア・NPO活動センター
Mail:ryuvnc@ad.ryukoku.ac.jp
URL:http://www.ryukoku.ac.jp/npo/

〈深草キャンパス〉                〈瀬田キャンパス〉
〒612-8577京都市伏見区深草塚本町67  〒520-2194 大津市瀬田大江町横谷1-5
Tel 075-645-2047 Fax 075-645-2064    Tel 077-544-7252 Fax 077-544-7261

backnumber list



| 221号(2017.10.16発行) | 220号(2017.10.1発行) | 219号(2017.9.15発行)
| 218号(2017.9.1発行) | 217号(2017.8.1発行) | 216号(2017.7.18発行)
| 215号(2017.7.1発行) | 214号(2017.6.15発行) | 213号(2017.6.1発行)
| 212号(2017.5.15発行) | 211号(2017.5.1発行) | 210号(2017.4.19発行)
| 209号(2017.4.2発行) | 208号(2017.3.15発行) | 207号(2017.3.1発行)
| 206号(2017.2.15発行) | 205号(2017.2.1発行) | 204号(2017.1.16発行)
| 203号(2016.12.15発行) | 202号(2016.12.1発行) | 201号(2016.11.15発行)
| 200号(2016.11.1発行) | 199号(2016.10.14発行) | 198号(2016.10.1発行)
| 197号(2016.9.15発行) | 196号(2016.9.1発行) | 195号(2016.8.1発行)
| 194号(2016.7.15発行) | 193号(2016.7.1発行) | 192号(2016.6.15発行)
| 191号(2016.6.1発行) | 190号(2016.5.17発行) | 189号(2016.4.28発行)
| 188号(2016.4.15発行) | 187号(2016.4.1発行) | 186号(2016.3.15発行)
| 185号(2016.3.1発行) | 184号(2016.2.15発行) | 183号(2016.2.1発行)
| 182号(2016.1.18発行) | 181号(2015.12.16発行) | 180号(2015.12.1発行)
| 179号(2015.11.17発行) | 178号(2015.11.2発行) | 177号(2015.10.16発行)
| 176号(2015.10.1発行) | 175号(2015.9.15発行) | 174号(2015.9.1発行)
| 173号(2015.8.1発行) | 172号(2015.7.16発行) | 171号(2015.7.1発行)
| 170号(2015.6.15発行) | 169号(2015.6.1発行) | 168号(2015.5.15発行)
| 167号(2015.5.1発行) | 166号(2015.4.15発行) | 165号(2015.4.1発行)
| 164号(2015.3.13発行) | 163号(2015.2.27発行)  | 162号(2015.2.13発行)
| 161号(2015.1.30発行) | 160号(2015.1.15発行) | 159号(2014.12.15発行)
| 158号(2014.12.1発行) | 157号(2014.11.14発行) | 156号(2014.10.30発行)
| 155号(2014.10.15発行) | 154号(2014.10.1発行) | 153号(2014.9.12発行)
| 152号(2014.9.1発行) | 151号(2014.8.1発行) | 150号(2014.7.15発行) 
| 149号(2014.7.1発行) | 148号(2014.6.15発行) | 147号(2014.6.1発行) 
| 146号(2014.5.15発行) | 145号(2014.5.1発行) | 144号(2014.4.15発行) 
| 143号(2014.4.1発行) | 142号(2014.3.14発行) | 141号(2013.2.28発行) 
| 140号(2014.2.14発行) | 139号(2013.1.31発行) | 138号(2014.1.15発行) 
| 137号(2013.12.16発行) | 136号(2013.11.29発行) | 135号(2013.11.15発行)
| 134号(2013.11.11発行) | 133号(2013.11.11発行) | 132号(2013.10.01発行)
| 131号(2013.9.13発行) | 130号(2013.8.29発行) | 129号(2013.8.01発行) 
| 128号(2013.7.12発行) | 127号(2013.7.1発行) | 126号(2013.6.14発行) 
| 125号(2013.5.31発行) | 124号(2013.5.15発行) | 123号(2013.5.1発行) 
| 122号(2013.4.15発行) | 120号(2013.3.15発行) | 119号(2013.3.1発行)
| 118号(2013.2.15発行) | 117(2013.2.1発行) | 116号(2013.1.15発行)
| 115号(2012.12.15発行) | 114号(2011.11.30発行) | 113号(2012.11.15発行)
| 112号(2012.11.1発行) | 111号(2012.10.15発行) | 110号(2012.10.1発行)
| 109号(2012.9.14発行) | 108号(2012.8.30発行) | 107号(2012.8.1発行)
| 106号(2012.7.13発行) | 105号(2012.6.29発行) | 104号(2012.6.15発行) 
| 103号(2012.6.1発行) | 102号(2012.5.15発行) | 101号(2012.5.1発行)
| 100号(2012.4.13発行) | 99号(2012.4.1発行) | 98号(2012.3.15発行)
| 97号(2012.3.1発行) | 96号(2012.2.15発行) | 95号(2012.2.1発行)
| 94号(2012.1.13発行) | 93号(2011.12.15発行) | 92号(2011.12.1発行) 
| 91号(2011.11.15発行) | 90号(2011.11.1発行) | 89号(2011.10.15発行)
| 88号(2011.9.30発行) | 87号(2011.9.15発行) | 86号(2011.9.1発行)  
| 85号(2011.8.1発行) | 84号(2011.7.15発行) | 83号(2011.7.1発行) 
| 82号(2011.6.15発行) | 81号(2011.6.1発行) | 80号(2011.5.13発行)
| 79号(2011.4.28発行) | 78号(2011.4.15発行) | 77号(2011.4.1発行)

▲このページのトップへ戻る

このページのトップへ戻る