研究に関する取り組み

伝統と最先端の研究
-仏教と最新技術が出会う研究にも生きる建学の精神-

龍谷大学は、370年の伝統に培われてきた研究の蓄積を単に歴史や伝統だけにとらわれない建学の精神が、現在そして未来にも聞き続けることを願い、「高度化」「多様化」をキーワードに21世紀の科学技術と文化を創造しうる独創的な世界水準の研究を目指しています。

本学の建学の精神の礎となっている「仏教」を中心とする伝統的・歴史的な研究資源を活かした研究、最先端の研究環境のもとで次代の科学技術を創造する研究、また地域社会やグローバル社会とのつながりのもとでの研究など、未来を見据えて、社会から求められる学術文化の振興に取り組んでいます。

また、本学は先端的な研究だけでなく、個人研究や共同研究等の基盤的な研究も積極的にサポートしていくことにより、人材育成や社会連携等のすそ野の広い研究が行われる大学を目指しています。

長期計画

総合大学としての多様性と学際性を生かし、伝統と地域を基盤にした特色ある研究や国際水準の強みのある研究に取り組み、国際的な学術文化の向上と科学技術の振興、地域社会の発展に寄与します。

各年度の事業について

各年度の事業計画・事業報告については、事業計画書・事業報告書のページをご覧ください。

研究所・研究センターの研究活動については各研究所・研究センターのページをご覧ください。

このページのトップへ戻る