機械システム工学科では実際どんなことを学んでいるのか、研究しているのか。 学生の生の声を掲載しています。

車好きの少年がモノ作りをめざす

機械システム工学科 堀川 和哉(ほりかわかずや)

小さな頃から自動車が大好きだったという堀川さん。大学では現在「修士課程1年修了制」を利用して大学院生と共に卒業研究と修士の授業受け、また課外での活動も積極的に行っています。

車好きの少年だった堀川さんがこれからどんなエンジニアになっていくのか、楽しみです。

機械システム工学科を選んだ理由は何ですか。

小さい頃から自動車が好きで、父に連れられてよくドライブをしていました。幼心に将来、人が驚くような自動車を作ってみたいと思ったことがきっかけです。また、自分の手でこれまでにない新しいものを作る、モノ作りがしたかったことも理由の一つです。

機械という分野は、自動車だけでなく、多種多様な分野で必要とされていますので、大学卒業後の就職へのビジョンを広く持つことができるのではないかと思い、機械システム工学科を選びました。

高校と大学で変わったことはありますか。

高校生のときは、決められた時間割で授業を受けなければなりませんでした。しかし、大学では必修科目は別とし、自分でシラバス(授業概要の説明が書いてあるもの)を参考にして時間割を組み、授業の予定を決めます。その点が、高校と大きく違うことでしたし、大学入学と同時に下宿生活を始めましたので、時間に余裕ができたと思います。

 →続きを読む
LOVEを創る 理工学部の先生に質問しよう!

龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111
FAX 075-642-8867
E-mail: webmaster@fks.ryukoku.ac.jp

© Ryukoku University 1996 - . ALL RIGHTS RESERVED.