龍谷大学理工学部×読売新聞 特別企画「LOVEを創る」

「LOVEなもの」とはあなたの好きなもののことです。 自分の好きなものを「創る」って素敵ですよね。 あなたも将来、「LOVEを創る」人になってみたいと思いませんか。 龍谷大学理工学部には、「LOVEを創る」可能性がいっぱい詰まっています。 ここでの学びのすべてが、あなたの「LOVEなもの」に関わっているのです。


果たしてガンダムは実現できるのでしょうか?

すでに若手の研究者の間でガンダム創生をめざす研究開発が始まっています。 すでに若手の研究者の間でガンダム創生をめざす研究開発が始まっています。

理工学部機械システム工学科教授
堤 一義 (つつみ・かずよし)
研究分野:知能システム工学、ロボット工学。

機械システム工学科HP

堤研究室HP

もう30年ほど前の話になります。私は大学院時代、研究室でイランからの留学生と机を並べて勉強していました。現在欧州在住の彼とは今も交流が続いていますが、彼が初めて研究室にやってきた日、全く異なる文化圏の者同士ということで随分と緊張して会話を始めたものでした。しかし、少し話しをするうちに意外なことが分ったんですね。当時のイランは欧米の文化が多く入っており、日本でも放映されていた欧米のTV番組が彼の国でも人気番組だったのです。遠く離れた別々の国にいた2人が全く同じTV番組を見ていたという訳です。2人はその後直ぐに打ち解けたことは言うまでもありません。修士課程・博士課程と続く大学院時代を通して、文化の違いなど専門以外のことについても大いに議論をしましたが、少なくとも出会いの直後は「世界の距離は小さくなっているのかも」とお互いが認識することになりました。

ロボットの関係で最近特に注目されている分野に、レスキュー(災害救助)ロボットに関する研究があります。阪神淡路大震災の後、ロボット工学の分野から貢献できることはないかと立ち上がった研究者達が、世界中のロボット研究者達に共同研究を呼びかけました。その際、英国放送協会の「サンダーバード国際救助隊」という人気TV番組を例えに出すことで、一気にイメージを共有できたそうです。ロボット研究の中心を担う研究者達が幼い頃に憧れたヒーロー・・・離れた場所にいる各個人の中に眠っていたそうした記憶が時空を超えて一つになり、今とても重要な研究分野に育とうとしているのです。

少々前置きが長くなりましたが、お問い合わせの「ガンダム」もTV、映画、ゲームなど様々なメディアを通じて今や世界中の人達に愛されているキャラクターです。従って、そうしたキャラクターやそれが目指している世界観、あるいはその中でなされている問題提起に対して共感した人達が、世界規模でイメージを共有することは意外に簡単なことなのかも知れません。いや、実はもう若手の研究者の間ではガンダムをめざす動きが始まっているんですね。ガンダム実現に必要な要素技術としては、遠く離れた場所からでも臨場感豊かにロボットを制御するための「遠隔操縦技術(双方向マスタースレーブ制御などとも呼ぶ)」、装着すれば重いものでも軽々と持ち上げれる「モバイルスーツ」など多岐にわたりますが、それぞれ活発に研究開発が行われています。私自身が幼い頃に見て憧れを抱いたのは「鉄腕アトム」でした。残念ながら未だそのクラスの知能ロボットは実現できていませんが、夢を追い続けることが何より大切と信じています。夢の実現に向けて共に頑張ろうではありませんか!!!

[環境についての質問]粗大ごみの埋立地がなくなるとどこへ埋めるのでしょうか? [車についての質問]空飛ぶ車は作れますか? [ガンダムについての質問]果たしてガンダムは実現できるのでしょうか。
[携帯電話についての質問]なんで線がないのに話せるの? [ピアノについての質問]どうしてあんなに細かくて素敵な音が出るのですか? [農業についての質問]電球の代わりにLEDライトを使って温室で野菜を作れますか。
応募について


龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111
FAX 075-642-8867
E-mail: webmaster@fks.ryukoku.ac.jp

© Ryukoku University 1996 - . ALL RIGHTS RESERVED.