龍谷大学理工学部×読売新聞 特別企画「LOVEを創る」

「LOVEなもの」とはあなたの好きなもののことです。 自分の好きなものを「創る」って素敵ですよね。 あなたも将来、「LOVEを創る」人になってみたいと思いませんか。 龍谷大学理工学部には、「LOVEを創る」可能性がいっぱい詰まっています。 ここでの学びのすべてが、あなたの「LOVEなもの」に関わっているのです。


今、循環型社会をめざした、さまざまな取り組みが進められています。

できます。LEDの光は、効率よく栽培できる可能性を秘めています。

理工学部環境ソリューション工学科教授
占部 武生(ウラベ タケオ)
研究内容:「廃棄物の適正処理、資源化」

環境ソリューション工学科HP

占部先生インタビュー

心配されるように埋め立て地はなくなりつつあります。この先、粗大ごみに限らずごみの最終的な行き場である埋め立て地がなくなれば、不法投棄等の問題はさらに深刻になるでしょう。

それでは、こうした問題に対してどんな対策や研究が行われているのでしょうか。まず、粗大ごみの問題ですが、これまでは破砕後鉄分の回収は行われてきましたが、残りの多くは埋め立てられてきました。

しかし、循環型社会をめざす法律が整備される中、家電リサイクル法ができ、粗大ゴミのうちテレビ、エアコンなど4品目については、メーカーに回収・資源化が義務付けられました。それにともない、設計の段階から解体のしやすさなどが考えられたり、資源化に本格的な産業技術が取り入れられつつあります。 一方、埋め立てはといえば、環境悪化を引き起こすものとみなされる時代が続いてきましたが、最近では埋め立て地の延命化や安全安心な施設をめざした水処理技術等の環境対策に関する研究・開発がかなり進んできています。

こうした動きはありますが、確かにまだ不十分なところが残っています。これは、社会全体で解決していかなくてはならない大事な課題であることも確かなのです。

[環境についての質問]粗大ごみの埋立地がなくなるとどこへ埋めるのでしょうか? [車についての質問]空飛ぶ車は作れますか? comming soon
[携帯電話についての質問]なんで線がないのに話せるの? [ピアノについての質問]どうしてあんなに細かくて素敵な音が出るのですか? [農業についての質問]電球の代わりにLEDライトを使って温室で野菜を作れますか。
応募について


龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111
FAX 075-642-8867
E-mail: webmaster@fks.ryukoku.ac.jp

© Ryukoku University 1996 - . ALL RIGHTS RESERVED.