■アクセス   ■サイトマップ   ■English  

龍谷大学 社会科学研究所

Ryukoku University Research Institute For Social Sciences


 HOME > 研究活動 > 月例研究会 > 2010年度第1回

研究会一般公開
龍谷大学社会科学研究所 2010年度月例研究会 第1回

<テーマ>
 人と地球に優しい住宅とは?
 

<趣旨・目的>
 地球温暖化防止のためには、増加しつつある民生部門のエネルギー消費をいかに抑制するかが問われています。本研究会では、住宅に焦点を絞り、地元産材の利用による山村の活性化と炭素固定を図るとともに、省エネ型木造住宅の普及拡大と地場産業の活性化、低炭素型社会の構築を図るための課題と方策を考察しています。また、伝統のなかで培われてきた京都の町家の持つ省エネの工夫に学ぶとともに、現代の木造住宅に利用可能な、低廉かつ現実的な省エネ技術と行動とはどのようなものであるのかについても検討しています。
 今回は、住宅のエコリフォームに詳しく、京都省エネ住宅・省エネリフォーム普及協議会のメンバーである近畿大学の岩前先生を講師に招き、意見交換します。多くの方のご参加を歓迎します。

<講師>
●岩前 篤(近畿大学理工学部建築学科・教授)

 大手ハウスメーカーで17年間温熱環境や結露の研究に携わる。基礎断熱や断熱性能の計測、部分断熱の技術に関する研究に取り組んでいる。
 
<日時>
 2011年1月19日(水)18:30〜20:30

<場所>
 メルパルク京都(京都駅前) 第一研修室(4階)

 (京都市下京区東洞院通七条下ル東塩小路町676番13)

 主催:龍谷大学社会科学研究所
 企画:法学部・北川 秀樹



龍谷大学

〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学社会科学研究所

TEL:075-645-7875 FAX:075-643-8510


Copyright (C) Ryukoku University Research Institute For Social Sciences. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt