■アクセス   ■サイトマップ   ■English  

龍谷大学 社会科学研究所

Ryukoku University Research Institute For Social Sciences


 HOME > 研究活動 > 月例研究会 > 2012年度第2回

研究会一般公開
龍谷大学社会科学研究所 2012年度月例研究会 第2回

<テーマ>
 障がい者「一般就労」の現状と企業経営システム
   ―「一般就労」と「福祉的就労」をこえる共生経営の実現に向けて―


<シンポジウムで明らかにしたい点>
  @ 障がい者「一般就労」の取り組みとその現状はどうなっているか。
  A 「一般就労」の意味、人にとって働くということの意味とは何か。
  B 現在の日本企業の経営システムの下での「一般就労」は可能か。
  C 諸外国の事例との比較から見えてくること。
  D 労働統合と共生経営実現の社会的企業・事業型NPOの今後の課題は何か。

<プログラム>
13:30〜主催者からの開催趣旨・目的の説明
13:40〜前半;就労支援における取り組みから
  [報告内容]
   @ IPS(個別就労支援プログラム)に基づく具体的支援の取り組み。
   A IPS概念の明確化。
   B 障がい者「一般就労」の現状。
  [報告]
   1)「IPSについての紹介および“そらいろ”の活動報告」
            池田克之氏(就労支援センター“そらいろ”所長)
   2)「障がい者就労支援および一般就労の事例紹介」
            宇野基子氏(就労支援センター“そらいろ”主任就労支援員)
      ※“そらいろ”は自立支援法による就労移行支援事業所。
        NPO法人京都メンタルケア・アクションACT−Kが設立・運営。
14:40〜簡単な質疑応答
14:50〜休憩
15:00〜後半;労働統合・共生経営研究の取り組みから
  [報告内容]
   @ 障がい者雇用の現状と具体的な取り組み事例
   A 諸外国との比較と日本の経営システムの現状
  [報告]
   1)「日本(および京都)における障がい者雇用の現状」 黒川真友氏(大津福祉会)
   2)「株式会社ラグーナ出版<A型事業所・鹿児島>の取り組み報告」
                           馬頭忠治氏(鹿児島国際大学経済学部)
   3)「諸外国との比較」 山西万三氏(龍谷大学経営学部)
   4)「日本企業の経営システム」 重本直利氏(龍谷大学経営学部)
16:00〜全体討論(17:00終了)

<司会>
 三宅正伸氏(龍谷大学経営学部)


ともいき荘地図 ●日時: 2012年5月27日(日)13:30〜17:00
●場所: 龍谷大学セミナーハウス・ともいき荘 2階 研修室
        京都市上京区室町通下長者町下る
         (地下鉄丸太町駅2番出口から徒歩5分)
 

連絡先 : 龍谷大学社会科学研究所
        労働統合・共生経営研究センター
                (sigemoto@biz.ryukoku.ac.jp)
                  


龍谷大学

〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学社会科学研究所

TEL:075-645-7875 FAX:075-643-8510


Copyright (C) Ryukoku University Research Institute For Social Sciences. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt