■アクセス   ■サイトマップ   ■English  

龍谷大学 社会科学研究所

Ryukoku University Research Institute For Social Sciences


 HOME > 研究活動 > 月例研究会 > 2013年度第1回

研究会一般公開
龍谷大学社会科学研究所 2013年度月例研究会 第1回

<テーマ>
 強制連行と強制労働犠牲者を考える

<プログラム>
◇基調講演
強制連行犠牲者と歴史和解−犠牲者の遺骨問題と生死をめぐる浄土真宗の課題−
  殿平 善彦(浄土真宗本願寺派一乗寺住職、
          強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム共同代表)
◇パネラー報告
1)米国における「従軍慰安婦」記念碑運動
   李 洙任(龍谷大学経営学部教授)
2)韓国大法院判決後の強制連行企業の責任追及の取組みについて
   中田 光信(日本製鉄元徴用工裁判を支援する会)
案内チラシ コメンテーター  勝村 誠(立命館大学コリア研究センター長)


●日時: 2013年4月27日(土)13:30〜17:00
●場所: 龍谷大学深草キャンパス 紫英館2階 大会議室

               
主 催 : 龍谷大学社会科学研究所・共同研究 李プロジェクト
協力  : 「韓国併合」100年市民ネットワーク
問合先 : mitsunobu100@gmail.com/090-8482-9725(中田)

案内チラシ(PDF)


龍谷大学

〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学社会科学研究所

TEL:075-645-7875 FAX:075-643-8510


Copyright (C) Ryukoku University Research Institute For Social Sciences. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt