■アクセス   ■サイトマップ   ■English  

龍谷大学 社会科学研究所

Ryukoku University Research Institute For Social Sciences


 HOME > 社会科学研究所講演会

布絵シアター 社会科学研究所講演会


 〜生物多様性を伝える環境教育のインタープリテーション〜
  かばんから飛び出した布絵シアター・エコミュージアム




原賀いずみさん  2011年1月22日、深草キャンパスにおいて、環境省公認環境カウンセラー原賀いずみ氏による講演会が行われました。
 講演のテーマは、「〜生物多様性を伝える環境教育のインタープリテーション〜かばんから飛び出した布絵シアター・エコ・ミュージアム」。原賀氏が代表をつとめる「北九州インタープリテーション研究会」のメンバー(加藤久美子・大橋直子・田上宜子氏)により、ワークショップ形式の講演会が行われ、総勢60名が参加しました。

くいしんぼうのホタルくん  プログラムの第1部は、インタープリテーションについての理解を深めるための講義、研究会の活動報告。
生態変身コスチューム  第2部は、北九州の自然を表現した4つの布絵シアターや、手作りの生物立体模型や立体紙芝居を用いた生態シアター「くいしんぼうのホタルくん」が上演されました。
 中でも、子どもたちは、クロツラヘラサギやコウノトリなど希少種となっている渡り鳥の「生態変身コスチューム」に興味津々の様子。実際に触ってみたり、着用した体験を通して、知識の詰め込みではなく、感性に訴えかけられるインタープリテーション方法は、参加者から高い関心を集めました。
里山えかき唄里山えかき唄  体験的な学習の一環として、「何も見ないでイノシシやタヌキを描いてください」という課題が出され、少し戸惑う大人の参加者もありましたが、原賀氏による「里山えかき唄」によって全員揃ってイラストを作成することができました。

 親子での参加者がほとんどを締めた会場では、手作りの布絵や模型に触れて喜ぶ子どもたちで賑わい、「子ども向けかと思って来たけれども、大人も楽しめる内容」という感想も多く寄せられました。


龍大浜池曽根干潟大浜池





参加者集合写真


龍谷大学

〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67 龍谷大学社会科学研究所

TEL:075-645-7875 FAX:075-643-8510


Copyright (C) Ryukoku University Research Institute For Social Sciences. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt