2017年度 創立記念・親鸞聖人降誕会法要のご案内

親鸞聖人降誕会とは・・・

親鸞聖人のお誕生は1173年5月21日(承安3年4月1日)とされています。源平合戦の鬨の声けたたましい武士の世は,まさに「祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり……」と語られたように栄枯盛衰の激しく,悲惨な時代でした。

下級公家に生まれられた親鸞聖人は幼くして両親と別れ,9歳にして出家,比叡山での20年間に及ぶ烈しい求道の末,「よきひと」法然上人と出遇い,そして浄土の真宗――選択本願念仏の仏道に出遇われました。以後,念仏者として如来の恩徳を,教えに問い,身に確かめつつ,人間の闇を見つめ,本願の救いを顕わし続けられた「ただ念仏のみぞまこと」のご生涯でした。

降誕会とは,親鸞聖人のお誕生をお祝いする法会です。また,本学は1922(大正11)年5月20日,大学令による大学への昇格が認可されました。このため翌21日を創立記念日として,併せてお祝いしています。

底知れぬ妄想の闇に迷い,虚偽に執着して空しく生きる私たちに対して,親鸞聖人が人の世に生まれ,真実を求め,真実に生き,そして真実を顕らかにして下さったことの意義を改めて確かめしましょう。

2017年5月21日(日)

  時間 会場 記念講演
大宮 9:00~9:40 本館 法話:入澤 崇 学長
深草 10:30~12:00 顕真館

記念講演(漫才法話)

「アンパンマンとアミダさま」

Seppo-CCQ

那須弘紹先生(本願寺派慈願寺住職)

藤岡教顕先生(本願寺派明導寺住職)

瀬田 10:00~11:00 1号館
107教室
記念講演「アメリカの仏教と日本の仏教」
グランバック リサ 先生
(米国仏教大学院兼任教授 / 本学非常勤講師)

※ ご参拝の方々全員に参拝記念品とお斎(弁当)を用意します。

※ 法要終了後引き続き,深草では校友会賞・沼田奨学金・アカデミックスカラシップ奨学金の授与,
  瀬田ではアカデミックスカラシップの授与が執り行なわれます。

※ 大宮学舎・瀬田学舎の法要終了後,それぞれ深草学舎行きのバスが運行されます。
   9:50 大宮学舎(東黌前)発 → 深草学舎(守衛所前)行き(1台)
   11:40 瀬田学舎(バス停)発 → 深草学舎(守衛所前)行き(2台)

記念講演講師紹介

深草学舎

Seppo-CCQ(藤岡教顕先生・那須弘紹先生)

2013年,お寺での研修会をきっかけに住職同士がコンビを組んで漫才法話(漫才形式の伝道)を行なってみたところ,「熊本日日新聞」「人吉新聞」「月刊住職」や,テレビ熊本「英太郎のかたらんね」関西テレビ「ギョギョ業界スクープ大賞」などで取り挙げられて話題となり,以来,お寺を越えて,熊本日日新聞の「終活セミナー」や社会福祉協議会のほか,中学校のイベントなど幅広い世代やジャンルで仏教を紹介する。

お寺へのお参りが少なくなった昨今,「お寺に来られないのなら,こちらからお寺を飛び出て,多くの方に仏法に触れるご縁を振り撒こう!」という熱い想いをもって活動する。


那須弘紹(なす こうしょう)先生(本願寺派慈願寺〔熊本県球磨郡多良木町〕住職)

那須弘紹先生

1967年生まれ,熊本県出身。
1990年龍谷大学文学部仏教学科真宗学専攻卒業。
2013年本願寺派熊本教区球磨組慈願寺住職。

在学中,ひょんなことからKBS京都のラジオ番組にレギュラー出演。それがきっかけとなり,タレント活動や作家活動を始める。熊本に帰った後も,タレント兼作家としてラジオ,テレビ,舞台で活動する。


藤岡教顕(ふじおか きょうけん)先生(本願寺派明導寺〔熊本県球磨郡湯前町〕住職)

藤岡教顕先生

1974年生まれ,熊本県出身。
1997年龍谷大学文学部真宗学科卒業。
1997年龍谷大学柔道部コーチ(~’04年)。
1998年龍谷大学(教育事業課)職員(~’01年)。
2001年西本願寺職員(~’04年)。
2010年本願寺派熊本教区球磨組明導寺(球磨郡湯前町)住職。


【活動】

-2015年-

熊本日日新聞「ゆとれあ終活セミナー」基調講演(熊本市)/西福寺「大震災追悼のつどい」(熊本県八代市)/ 本願寺派熊本教区芦北組「念仏者のつどい」(熊本県葦北郡芦北町)/種山組「讃仰のつどい」(八代市)/本願寺派鹿児島教区中央ブロック「仏教若婦人研修会」(鹿児島市)/西運寺「仏教婦人会総会」(熊本県上天草市)

-2016年-

熊本教区「成人のつどい」(西本願寺熊本別院)/あさぎり中学校「立志式」(熊本県球磨郡あさぎり町)/曹洞宗「第一支部研修会」(熊本県人吉市)/光源寺「永代経法要」(球磨郡あさぎり町)/鹿児島教区「仏教婦人会夏季大会」(西本願寺鹿児島別院)/「熊本県公民館大会・熊本県社会教育県大会」(人吉市)/本願寺派熊本教区玉関組「仏教若婦人研修会」(熊本県玉名郡和水町)/JA年金者協議会総会(熊本市)

-2017年-

西念寺「入門講座」(熊本県水俣市)/「正信会仏教講演会」(姫路市)/「人吉・球磨社会教育研修会」(熊本県球磨郡湯前町)/「にしきセミナー」(球磨郡錦町)/南小国町「婦人会総会」(熊本県阿蘇郡南小国町)/安国寺「女性会創立10周年記念大会」(鹿児島県薩摩川内市)/觀乗寺「降誕会」(熊本県上天草市)/本願寺派熊本教区宇土北組「仏教婦人会幹部研修会」(熊本県宇土市)/本願寺派熊本教区第3ブロック仏教壮年会大会(熊本県大津市)

など

瀬田学舎

グランバック リサ先生(米国仏教大学院兼任教授・本学非常勤講師)

グランバック リサ先生

アメリカ・フロリダ州出身。
1995年米国仏教大学院(Institute of Buddhist Studies)/神学大学院連合(Graduate Theological Union)修了,文学修士(Master of Arts)。
2005年 スタンフォード大学宗教学部(Stanford University Religious Studies)修了,博士(Doctor of Philosophy)。
2002年米国仏教大学院兼任教授,2010年本学非常勤講師に就任,現在に至る。

研究分野は主に「日本中世の仏教の歴史」,「仏教と他の宗教(道教,儒教,神道)との関わり」。特に,歴史学や社会学的なアプローチを使って,日本の仏教を中心に諸宗教の教義,儀式,世界観等の考え方が,人々と社会にどのような影響を与えるのかをテーマとしている。


【著作】

“Dying for Your Own Good: The Kaidan meguri of Zenkōji,”

Graduate Theological Union and Institute of Buddhist Studies (M.A. thesis with Honors):April, 1995

「善光寺の戒壇めぐりについて」修士論文/神学大学院連合・米国仏教大学院(1995年)

“Sacrifice and Salvation in Medieval Japan: Hunting and Meat in the Rituals of Suwa Jinja,”

Stanford University (March 2005)

「日本中世の供犠と救済:諏訪神社における狩猟と肉食の儀礼について」

博士論文/スタンフォード大学(2005年)

“Nenbutsu and Meditation: Problems with the Categories of Contemplation, Devotion, Meditation, and Faith,”

Pacific World Journal, 3rd Series, no. 7.(2005年)

“Death and the Nenbutsu Teaching in Early Medieval Japan: What We Can Learn from History about Suicide and Death with Dignity,”

ThePureLand,NewSeries,no.23(2007年)

など。

このページのトップへ戻る