2018年度 創立記念・親鸞聖人降誕会法要のご案内

親鸞聖人降誕会とは・・・

親鸞聖人のお誕生は1173年5月21日(承安3年4月1日)とされています。源平合戦の鬨の声けたたましい武士の世は,まさに「祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり……」と語られたように栄枯盛衰の激しく,悲惨な時代でした。

下級公家に生まれられた親鸞聖人は幼くして両親と別れ,9歳にして出家,比叡山での20年間に及ぶ烈しい求道の末,「よきひと」法然上人と出遇い,そして浄土の真宗――選択本願念仏の仏道に出遇われました。以後,念仏者として如来の恩徳を,教えに問い,身に確かめつつ,人間の闇を見つめ,本願の救いを顕わし続けられた「ただ念仏のみぞまこと」のご生涯でした。

降誕会とは,親鸞聖人のお誕生をお祝いする法会です。また,本学は1922(大正11)年5月20日,大学令による大学への昇格が認可されました。このため翌21日を創立記念日として,併せてお祝いしています。

底知れぬ妄想の闇に迷い,虚偽に執着して空しく生きる私たちに対して,親鸞聖人が人の世に生まれ,真実を求め,真実に生き,そして真実を顕らかにして下さったことの意義を改めて確かめしましょう。

2018年5月21日(月)

  時間 会場 法話・記念講演
大宮 9:00 ~ 9:40 本館 法話:入澤 崇 学長
深草 10:30 ~ 12:00 顕真館

記念講演

「人生は素晴らしい」

英 月 先生(真宗佛光寺派大行寺住職)

瀬田 10:00 ~ 11:00 1号館
107教室
記念講演「煩悩のゆくえ」
清基秀紀 先生
(本願寺派遍照寺住職 / 京都女子大学非常勤講師)

※ ご参拝の方々全員に参拝記念品とお斎(弁当)を用意します。

※ 法要終了後引き続き,深草では校友会賞・沼田奨学金・アカデミックスカラシップ奨学金の授与,
  瀬田ではアカデミックスカラシップの授与が執り行なわれます。

※ 大宮学舎・瀬田学舎の法要終了後,それぞれ深草学舎行きのバスが運行されます。
   9:50 大宮学舎(東黌前)発 → 深草学舎(守衛所前)行き(1台)
   11:40 瀬田学舎(バス停)発 → 深草学舎(守衛所前)行き(2台)

記念講演講師紹介

深草学舎

英 月 先生(真宗佛光寺派大行寺住職)

英 月 先生

真宗佛光寺派大行寺(京都市下京区)の長女として生まれる。
1992年 大和(現・りそな)銀行本店に入行し,通常業務のほか行内ニュースのキャスターを務める。
2001年 お見合いから逃れるため家出するかのように,友ナシ,金ナシ,英語力ナシの中,単身渡米する。
北米唯一の日本語ラジオ放送「サンフランシスコラジオ毎日」でパーソナリティーを務め,テレビCMなどにも数多く出演。
アメリカの大学で学生生活を送った後,現地で僧侶としての活動を始め,「サンフランシスコ写経の会」を主催。その後「ベイエリア写経の会」と名を改め,現在でも3ヶ月ごとに開催している。
アメリカでの生活は『グッと!地球便』('09年9月・'18年3月/読売テレビ)で放送され反響を呼ぶ。
2010年 アメリカから帰国し,大行寺の後継者となる。
2015年 大行寺住職を継職,現在に至る。


ユニークな経歴がメディアの注目を集め,テレビ,新聞,雑誌,さらに全国各機関での講演,文化講座など活動は多岐にわたり,また大行寺で毎月行なっている「写経の会」「法話会」には日本全国から多くの参加者が集まっている。

【著書】

『小さな心から抜け出す お坊さんの1日1分説法』(共著/永岡書店 '13年)
『あなたがあなたのままで輝くためのほんの少しの心がけ』(日経BP社 '14年)
『そのお悩み、親鸞さんが解決してくれます:英月流「和讃」のススメ』(春秋社 '18年)

【連載】

「英月の極楽シネマ」(『毎日新聞』)
「あなたの今が輝くために」(『週刊ベイスポ』)
「源氏物語 姫君仏教トーク ~恋バナ説法~」(『歴史行路』)

【H.P.】

真宗佛光寺派大行寺

【ブログ】

この世の極楽

ほか連載記事など多数。

瀬田学舎

清基秀紀 先生(本願寺派遍照寺住職・京都女子大学非常勤講師)

清基秀紀 先生

1953年生まれ,京都市出身。
1975年神戸大学文学部英米文学科卒業。
1983年龍谷大学大学院博士課程真宗学専攻満期退学。
1983年龍谷大学非常勤講師(~’09年)。
1984年本願寺国際センター聖典翻訳委員(~現在)。
1987年京都女子大学非常勤講師(~現在)。
1997年浄土真宗本願寺派遍照寺住職(~現在)。
2002年浄土真宗本願寺派教学研究所(現・総合研究所)委託研究員(~’13年)。


【著書】

『晴れた日には永遠が見える ―仏教の風景―』(本願寺出版社'08年)

【論文など】

「異文化接触と親鸞思想」(『眞宗研究會紀要』11/龍谷大学大学院真宗研究会'79年)
「真宗の土着」㈠~㈦(『印度學佛教學研究』68~80/'86~'98)
「親鸞における聖と俗」(『日本佛教學會年報』59/'94年)
「左脳の親鸞、右脳の親鸞」(『親鸞教学論叢 ―村上速水先生喜寿記念―』/永田文昌堂’97年)
「親鸞と共生」(『日本佛教學會年報』64/'99年)
「聖典の翻訳と現代語訳」(龍谷教学会議シンポジウム/『龍谷教学』36/'01年)
「親鸞における往生と成仏 ―真宗土着の視点から―」(『印度學佛教學研究』99/'02年)
「中世真宗における浄土往生観 ―真宗土着の視点から―」
(『仏教から真宗へ ―瓜生津隆真博士退職記念論集―』/瓜生津隆真博士退職記念論集刊行会'03年)
「若い人の死に学ぶ」(『りゅうこくブックス』123/'11年)
「真宗と奇蹟」(仏教文化公開講座講演録要旨/『京都女子大学宗教・文化研究所紀要』25/'12年)

など多数。

このページのトップへ戻る