最新情報

2016年度懸賞企画(仏教活動奨学生)の選考結果について

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2016年7月7日

懸賞企画は、ひろく仏教に関心を持ち、特に「建学の精神」を共に学び、伝えていくための新しい企画、または現在おこなっている活動をもっと活性化するためのアイデア、さらに大学の活動に対する具体的な提案など、「建学の精神」の実践・普及に取り組もうとする学生に対し奨学金(上限30万円)を給付するものです。このたび、多数の応募の中から以下の10件の企画提案を採択しましたのでお知らせします。(1年次生対象の「論文の部」は、後期に募集予定です)


【2016年度採択企画・提案】(プロジェクト名および奨学金額のみ記載)

・灯しちゃいな夜!(250,000円)
 顕真週間行事の一環として、巨大な行灯をキャンパスに並べ、報恩講の前夜祭を盛り上げる。

・お能で顕真! ―秋の夜長に能を楽しむ―(250,000円)
 顕真週間にあわせ、顕真館で本格的な能を舞い、古典芸能と仏教に親しんでもらう。

・多様な性を自然に生きる (200,000円)
 セクシュアルマイノリティに関する講演会や映画上演会を通して、多様な性を知ってもらう企画。

・喫茶こんぱす(僧侶カフェ)at ○○ (50,000円)
 お坊さんに聞いてほしいことや悩みごとなど、気軽におしゃべりできるカフェを実施する。

・インターネットで広がる僕らの人生 from Tomoiki (40,000円)
 建学の精神に関する講演や法話などを、インターネットを通じて多言語で世界に発信することを目指す。

・テイルズ オブ ブッディズム (30,000円)
 仏教関係の書籍や絵本、紙芝居を展示し、紹介することを通して仏教に親しんでもらう。
 
・お寺でまったり弾き語りライブ 「LIFE SONGS」 (20,000円)
 お寺を会場に、いのちを考えるライブを開催し、お寺にご縁がなかった人にも参加を呼びかける。

・龍谷大学大学院生学際会議 通称“院生サミット” (20,000円)
 オール龍大の大学院生によるシンポジウム”院生サミット”を開催する。

・建学の精神をみんなで感じる紙芝居 (20,000円)
 手作りの紙芝居を通して建学の精神にふれてもらう企画提案。

・「建学の精神」×○○な商品を (20,000円)
 立体日記など、日々の生活を見つめ建学の精神を感じられる製品を開発する。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る