建学の精神の具現化

龍谷大学では、正課・正課外を問わず、「建学の精神」に根ざした全学的な人間育成の取り組みを通して、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間を育成します。

建学の精神

正課授業

全ての学部及び短期大学部に必修科目として「仏教の思想」(4単位)を開講しています。前期「仏教の思想A」(2単位)は釈尊の生涯と教え、後期「仏教の思想B」(2単位)は親鸞聖人の生涯と教えを学びます。
また、「歎異抄」に関する講義など多様な仏教・浄土真宗に関する科目を開講し、文学部の真宗・仏教を専攻する学生だけでなく、全学の多くの学生が学んでいます。

式典・法要・講演会

入学式や卒業式を始めさまざまな式典を仏式でおこないます。また、建学の精神に触れる行事として、主に次のような式典・法要・講演会等を開催しています。

朝の勤行

本学での1日の行動を勤行(おつとめ)からはじめられるよう、3つのキャンパスそれぞれで朝の勤行をおこなっています。朝の勤行にあわせて、学長法話や伝道部学生による法話、学生団体による音楽演奏などがおこなわれることもあります。

朝の勤行

法要

阿弥陀仏の願いに生かされ,真実の道を歩まれた親鸞聖人の生き方に学ぶ機縁として、主に次の法要をおこなっています。

成人のつどい

本学の学生全員の成人を祝う行事です。仏式で行なわれ、音楽法要・講演会に続いて、懇親パーティを開催します。

成人のつどい

公開講演会

年に数回、顕真館を中心に著名人等による公開講演会をおこなっています。

公開講演会

学生の活動

創立記念降誕会

親鸞聖人の誕生を祝い、5月21日は授業を休講にし、期間を定めて学生主催の行事をおこなっています。

創立記念降誕会

顕真週間

学友会に所属する宗教局6サークルが中心となり、建学の精神の普及と研鑽をはかるべく、活動の集大成として報恩講(10月18日)を中心とした一週間、次のような行事を催しています。

顕真週間

花まつり

宗教局が中心となって学友会各団体の協力のもと、お釈迦様の生誕をお祝いする「花まつり」行事を行っています。

花まつり(灌仏会)

宗教局(6サークル)

親鸞聖人の教えを学び、建学の精神を伝えるため宗教局所属の6団体がそれぞれ活動を行っています。

宗教局(6サークル)

龍谷大学宗教部

このページのトップへ戻る