2017年度 入学式 式辞

卒業式・入学式 ライブ配信&フォトギャラリー

式辞

学 部:理工学部、理工学研究科

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。龍谷大学を代表して、皆さんに心からお祝いを申しあげます。今日は皆さんにとって、新たな一歩を踏み出す記念すべき日です。また、本日ご列席のご家族の皆さまにも心よりお慶びを申しあげます。

龍谷大学は、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間の育成に努める大学です。龍谷大学での学び、それは人生に深みと広がりをもたらします。いかにこれまで自分のもっているものさしだけで物事を判断していたか、いかにこれまで狭い世界に閉じこもって世の中を見ていたか。こうしたことに気づかせてくれるのが龍谷大学です。

龍谷大学の歴史は古く、その始まりは1639(寛永16)年にまで遡ります。西本願寺境内に設けられた教育施設「学寮」がその出発点です。龍谷大学は378年の歴史を刻み、日本で一番長く教育・研究活動を行なっている大学です。長い伝統は深い人間洞察の気風を育みました。これは、激動の鎌倉時代を生きた親鸞聖人の生き方に由来します。龍谷大学は創立以来、浄土真宗の精神を建学の精神と掲げ、現在に至っています。

若い人にとっては、伝統というのは古めかしいものと映るかもしれません。しかし、社会の現実に常に向き合うことをしなかったならば、伝統は続くはずもありません。多くの矛盾や課題を孕んだ社会的現実と対峙する中で伝統は刷新されていくのです。龍谷大学のもつ「先進性」や「進取」を尊ぶ気風は紛れもなく伝統が生み出したものです。明治期の教育大改革、シルクロード調査で名高い大谷探検隊、戦後の研究高度化推進事業、仏教系大学初の理工学部創設、仏教系大学初の農学部創設など、新たな知の創造は龍谷大学の大きな特徴です。

しかし、それ以上に龍谷大学を特色づけるのは、他者と共に生きていく姿勢を形成しようとする空気です。今、世界的に排他的感情が渦巻きつつあります。龍谷大学では、すべてのいのちを大切にする利他的な生き方を培います。「利他」は「排他」とは真逆の精神作用です。利他の精神は仏教が長きに渡って育み、伝えてきました。龍谷大学で学ぶ学生一人ひとりは、折につけ、助け合うこと、支援し合うことの大切さに目覚めるはずです。自分は肝心なことは何も知らなかったと気づくとき、真の学びがスタートします。龍谷大学は、うそ・偽りの人生ではなく、本物の人生を目指す学生を育てる大学です。

大学での学びは、高校までの勉強とは異なります。最初のうちはとまどうこともあるでしょう。大学院へ進学された方も、高度な知性が要求されることに対し怖気づく人もいるでしょう。そのとき、どうか自分に問うてみてください。「自分は何のためにここにいるのか」と。最初に抱いたはずの大いなる志をどうか忘れないでください。

仏教は「現在」を重視します。私たちはともすると、過ぎ去ったことにいつまでも執着し、まだ来ぬ未来に不安を覚えます。自分の思い込みが不安をもたらしていることには中々気づきません。今、この瞬間を大切にしましょう。どうか「現在」に目覚めてください。「現在」の積み重ねが未来を形成するのです。「現在」の努力がみなさんの未来を切り拓くのです。「現在」の自己練磨がみなさんの可能性を開花させるのです。日本の大学生の特徴としてしばしば指摘されることがあります。講義中の居眠り、講義中のおしゃべり。これなどは、「現在」を喪失している姿以外の何物でもありません。いま何をなすべきか、いま何の時間なのかを問う習慣を早めに身につけてください。

皆さん方はこれから大学で新たな知識、多様な価値観、考えもしなかった発想に出会うことになります。毎日が未知との遭遇です。西本願寺の前に龍谷ミュージアムがあります。わが国初の仏教総合博物館です。皆さん方にとっては、未知なる世界です。未知なる世界に心を開いていく。これが国際感覚を養うことに通じていくのです。いま、この会場には理工学部・理工学研究科に入学された方々が集っています。皆さん方に、大学での学びが将来を切り拓いた事例をひとつだけご紹介しましょう。

1945年8月6日、原爆が広島に投下されました。このことは皆さんもすでにご存じのことと思います。いま爆心地から740mほど離れたところにユーカリの木が立っています。この木は原爆に遭い、幹が真っ二つに割れ、痛々しい姿をさらしているのですが、72年の時を耐え、枝を伸ばしています。こうした被爆樹木のことはあまり知られていませんが、傷痕や幹の傾きなどを観察し、樹木を守っている人たちがいます。もの言わぬ樹木が、人間の愚かさ、平和の尊さを実に雄弁に語りかけています。被爆樹木のことを少しでも知ってもらおうと活動をしている広島の団体がアメリカのオーバリン大学と交流をもちました。そのとき被爆樹木のことに関心を抱いた女子学生がいました。オハイオ出身のアナリス・ガイズバートさんです。ガイズバートさんは大学を卒業して後、広島に来て活動をしています。彼女は大学で、日本語と英文学を学び、翻訳家になることを夢見ていました。日本に来て、石田優子という方が書いた『広島の木に会いに行く』という児童書の存在を知り、目下のところその本を英語に翻訳中とのことです。書物の主人公がさきほどの被爆樹木で、ガイズバードさんは、もの言わぬ木からの平和の訴えを世界に向けて発信することにいま精力を傾けているのです。夢をかなえるというのは、こういうことではないでしょうか。大学での学びが基本となり、彼女の中にあるセンサーが作動して、被爆樹木の情報をキャッチしました。平和への想いが彼女を日本へと向かわせ、そしていま翻訳家になるという夢を実現させようとしています。

今日ここに入学の日を迎えられた皆さんはどのような夢をもっているでしょうか。常にわが身をかえりみる習慣を身につけて、どうか、夢を実現させてください。皆さんの中に眠っている可能性を開花させるべく、努力を惜しまないでください。さきほど言った講義中に眠ったり、講義中に友人と私語を交わしたりすることは自分の可能性に蓋をする行為です。人生においてターニングポイントとなる、かけがえのない学生生活です。ぜひとも充実したものにしてください。

皆さんが龍谷大学で実り豊かな学生生活、研究生活を送られることを、そして皆さんの前途に輝かしい未来があらんことを願って、私の式辞といたします。

2017(平成29)年4月2日

龍谷大学・龍谷大学短期大学部
学長  入澤 崇

このページのトップへ戻る