研究分野一覧

 
氏名 石塚 伸一(イシヅカ シンイチ)
生年月・出身 1954年6月生 東京都
学部・学科・専攻 法務研究科(法科大学院) 法務専攻
職名 教授
学歴・学位 中央大学大学院法学研究科博士後期課程退学。
法学士〔中央大学〕、法学修士(同)、博士(法学)〔九州大学〕。
専門分野 刑事法(刑法、刑事政策)
研究分野 社会科学 法学 刑事法学
主な担当科目 刑事政策、刑法各論、刑事法演習、刑事法総合演習、刑事実務総合演習
研究テーマ 「市民の、市民による、市民のための刑事政策」
1)刑事施設の被収容者の権利
2)死刑廃止の理論と実践
3)刑事司法と情報公開
4)薬物依存症からの回復
5)犯罪者・非行少年とソーシャル・インクルージョン
研究キーワード 刑事政策、犯罪学、刑事施設、死刑、薬物依存、社会治療
主な研究活動等 『刑事政策のパラダイム転換』(現代人文社・1996)、『社会的法治国家と刑事立法政策−ドイツ統一と刑事政策学のゆくえ−』(信山社・1997)、『国際的視野から見た終身刑』(監修・成文堂・2003)、『日本版ドラッグ・コート』(編著・日本評論社・2007)
日本刑法学会会員、日本犯罪社会学会理事など
Ishizuka, Shinichi “Todesstrafe in Japan: Schlechtes Gewissen in der internationalen Gemeinschaft”,
ZIS,8/2006,S.330-337.http://www.zis-online.com/
一言コメント 法科大学院に移籍してからは、特に実務と教育との架橋を意識しながら勉強しています。
ここ5年くらい、矯正・保護研究センターの運営にもかかわっています。3年ほど前から弁護士登録をしました。犯罪や非行をおかしてしまった人たちと一緒に将来を考えていくことの難しさを痛感しています。
E-mail ishizuka@law.ryukoku.ac.jp
URL

前へもどる




Who's Whoの内容の無断転用を禁止します。