研究分野一覧

 
氏名 白石 正久(シライシ マサヒサ)
生年月・出身 1957年5月生 群馬県
学部・学科・専攻 社会学部 現代福祉学科
職名 教授
学歴・学位 京都大学大学院教育学研究科博士後期課程研究指導認定退学
修士(教育学)
専門分野 障害児教育学、発達障害論、発達診断学
研究分野 社会科学 教育学 特別支援教育
主な担当科目 障害児支援論、特別支援教育実習、臨床福祉学演習Ⅰ・Ⅱ、知的障害者教育指導論、肢体不自由者教育指導論
研究テーマ 発達障害の法則性を解明するための指導実践の検討を中心に、発達と教育の相互関係の研究をつづけている。
研究キーワード 発達障害、特別支援教育、発達診断、教育方法論、教材の文化性
主な研究活動等 『発達障害論 第1巻』、『発達の扉 上下巻』、『自閉症児の世界を広げる発達的理解』(以上、かもがわ出版)、『発達とは矛盾をのりこえること』、『教育と保育のための発達診断』(白石恵理子と共編、全障研出版部)「障害乳幼児の療育を受ける権利と児童福祉法」(障害者問題研究第35巻3号)
一言コメント 自分の手足を動かして現実を知ること。小さな庭に花木を植えて、その四季を楽しんでいます。
E-mail
URL

前へもどる




Who's Whoの内容の無断転用を禁止します。