龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

地域と連携した教学展開
-国際文化学部移転と農学系学部設置の意義-

龍谷大学は、1639(寛永16)年に西本願寺の僧侶養成施設「学寮」として創設以来、370有余年にわたって、京都の地で連綿と教育・研究に取り組み、建学の精神に基づく人間教育を実践し、社会に貢献できる有為な人間育成に努めてきました。今では、京都・滋賀を拠点に、8学部1短大1専門職大学院9研究科を擁し、学生総数約2万人を有する文理総合大学に発展しました。

この間、本学は地域とともに発展してきました。また、今後の将来展開においても、京都・滋賀と密接な繋がりをもった大学として、知の創造に努めるとともに、世界に知を発信していくことをめざしています。

このように、本学は地域を重視し地域と協働して発展することを旨としており、今後も本学にとって京都や滋賀が最も重要な地域であります。今般、発表した事業展開(国際文化学部の移転および農学系の新学部設置)も、地域の発展に貢献することをめざして取り組む5長の一環であり、地域から世界へ知の発信を行い、同時に世界から地域へ還元することを通じて、グローバルな総合大学の実現を図ります。

このページのトップへ戻る