龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

京都府知事 山田啓二氏から寄せられたコメント

京都府知事 山田 啓二 氏
京都府知事 山田 啓二 氏

龍谷大学は建学の精神に基づく「共生(ともいき)」の理念のもと、世界の多様な国や地域から500名を超える留学生を受け入れ、住居や生活支援を実施されるとともに、京都府北部地域・大学連携機構の設立をはじめ地域課題解決に向けた公共人材の育成、知の還元など地域連携型の取組を積極的に展開してこられました。国際文化学部の深草キャンパス移転と瀬田キャンパスでの農学系学部新設により、さらに多文化共生と地域共生の理念が具現化された総合大学として大きく飛躍され、地域の発展により一層お力添えをいただくことを心より期待いたします。

京都府知事 山田 啓二 氏

京都市長 門川大作氏から寄せられたコメント

京都市長 門川 大作 氏
京都市長 門川 大作 氏

京都市は「大学のまち・学生のまち」であると同時に、「住むひとにも,訪れるひとにも魅力的な国際都市」を目指しており、深草キャンパスへ国際文化学部が移転されることは、本市にとって、地域の活性化・国際化のまたとない機会であり望外の喜びであります。大いに歓迎するものであり、共に更なる発展の途を歩ませていただきたい。

また、地域連携を重視されている龍谷大学が、国力の源ともいえる「農学」系の新学部を瀬田キャンパスに設置されることは、必ずや京都・滋賀地域の発展に寄与していただけるものと大いに期待しております。

京都市長 門川 大作 氏

このページのトップへ戻る