龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

滋賀県知事 嘉田由紀子氏から寄せられたコメント

滋賀県知事 嘉田 由紀子 氏
滋賀県知事 嘉田 由紀子 氏

龍谷大学には瀬田キャンパスの開設以来、滋賀の特性を活かしたキャンパス展開とともに、様々な形で地域貢献をいただいております。

今回の決定は、龍谷大学における2019年度までの「第5次長期計画」に基づく検討の中での判断と承っておりますが、農学系の学部が新たに設置され、現在ある理工学部、社会学部との連携のもと、現代社会に求められる食の原点、その未来を追求していただけることは、県としてもありがたく思います。

未来について探究し、更なる人材育成を始め、地域づくりや地域経済の活性化に寄与されることを、大いに期待するものです。 滋賀県といたしましては、地域発展のための重要なパートナーとして、今後とも龍谷大学と連携・協力してまいりたいと考えております。

滋賀県知事 嘉田 由紀子 氏

大津市長 越直美氏から寄せられたコメント

大津市長 越 直美 氏
大津市長 越 直美 氏

このたび龍谷大学の新たな事業展開として、大津市の瀬田キャンパスに関西の私学では2校目となる農学部(仮称)が設置されることとなり、本市といたしましても大変喜んでいるところです。

龍谷大学はこれまでにも地域に根ざした活動をしてこられ、本市ともさまざまな分野で連携・相互協力し、本市の活性化とまちづくりに大いに貢献されてきました。

全国的に食に対する安心と安全について、大いに関心が高まっており、総合的に教学されることが必要であり、まさに時代に適した新学部の設置であると考えています。

本市は、地域的な特性として農業者と消費者の距離が近く、持続可能な社会実現に向けての研究に適した場所であります。農業といってもますます付加価値が必要な時代となってきています。新学部創設を契機として、さらに大学と本市との協力関係が強まり、大学の発展はむろん、本市の新たな魅力が発見され、それがさらに地域に発信・還元されていくことを大いに期待しています。

大津市長 越 直美 氏

このページのトップへ戻る