龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

各学科の特徴

龍谷大学農学部(仮称)の
基盤概念
<課題解決のアプローチ>

龍谷大学農学部(仮称)の基盤概念
※クリックすると拡大します

それぞれの「学科」における取り組みとしては、以下のような特徴を持たせることで、各学科で独自の教学ポリシーを確立します。また、各学科において特色ある教学展開を図ることで、先行する他大学や既存の農学系学部にはない本学独自の個性的で魅力的な学部となるようにしています。

食料経済学科:文系学科

本学科では、国内における食料・農業問題に焦点を当て、生産者と消費者の接点づくりを通じて、これからの時代における持続可能性や環境調和性を備えた農業の実現をめざすとともに、人類の食料安全保障の観点から世界の「食」にかかる持続可能な社会の実現をめざします。

食料経済学科
食料経済学科
※クリックすると拡大します

生物生産学科:理系学科

生物生産学科
生物生産学科
※クリックすると拡大します

本学科では、実際の農業生産に直接的に関わるアグリサイエンス技術(育種学、園芸学、作物学、土壌学等)とアグリサイエンス技術の基礎となるバイオサイエンス技術(遺伝学、植物病理学、分子生物学、生化学、ゲノム科学等)に基づき、極端気候や土壌劣化などの環境ストレスおよび病虫害や雑草などの生物ストレスに負けない品種の育成、および環境との調和に配慮した栽培技術の開発などを通じ、生産性の向上した持続可能な農業生産の実現をめざしています。また、同時に「食の安心・安全」に資する植物の育成・農業生産技術の向上に取り組みます。

農業生産基盤学科:理系学科

農業生産基盤学科
農業生産基盤学科
※クリックすると拡大します

本学科では、人類共通の課題である食と農業をめぐる生物生産の「基盤づくり」について、「作物多様性」の観点をも踏まえて、その実現をめざした教学展開を図ります。

すなわち、物質やエネルギーの健全な循環を図り、食の安心・安全を保証する農業生産の基盤づくりに取り組むとともに、作物多様性の保全を行うことで、持続可能な環境保全型農業の実現をめざしていきます。

食品栄養学科:栄養学・家政系学科

食品栄養学科
食品栄養学科
※クリックすると拡大します

本学科では、人が生きていく上で不可欠な「食のあり方」について、作物が生産される過程から科学的な根拠に基づいて「栄養」や「健康」を捉え、「食の安心・安全」の実現に資する教学展開を図ります。

また、食の大切さを理解するために「食育」の概念を体現する学科と位置づけ、正しい知識と技術に基づき地域社会や福祉の現場、医療機関などで活躍できる人間を育成します。

なお、この学科には「管理栄養士養成課程」を併設します。

学部全体イメージ
学部全体イメージ
※クリックすると拡大します

このページのトップへ戻る