龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

人間育成像

この「農学部(仮称)」(以下、「農学部」と表現します。)は、人文科学・社会科学・自然科学の学問を総合した農学教育を通じて、農学分野の専門的知識と技術、先端的な理論を体得し、「建学の精神」に根ざした高い倫理観と使命感を持って、これらの問題解決に対処する人間を育成することをめざしています。

同時に、食の安全や環境問題を情緒に流されることなく、正しく判断できる社会人を育成することによって、安心・安全な「食の循環」を実現し、将来の世代へ豊かな社会と地球環境を継承していくことが、この農学部の使命であると考えています。

また、社会に目を向けると、我が国は「高度経済成長の時代」から「成熟した時代」へ移行し、少子高齢化の進展とともに人口減少社会に入り、経済環境や社会構造に大きな変化が生じつつあります。社会情勢の変化によって、これまでの科学技術や工業の発展を通じた経済的利益や裕福さの追求から、自然との共生、環境との調和、生物資源の循環利用による持続可能な社会の実現に向けた取り組みが多方面で行われるようになりました。

こうした国民の意識の転換や社会の変化に対して、農学を基盤とした専門的な見地から「時代の変化」を捉え、自然と人間社会のあり方について、現在の動向から将来を俯瞰し、多面的にものごとを考えられる力を養うことも重視しています。

農学部では、多分野にまたがる講義、実験、実習、体験型学習など、総合的な教育を通じて、「多様な視点」と「多面的なものごとの考え方」を育み、持続可能な生物資源の利活用、食の生産・流通・消費・再生サイクル全般にかかる環境の保全、安心・安全な食料の生産・消費、および循環型の持続可能な社会の構築に寄与し、人類社会の健全な発展に貢献できる人間を養成することをめざしています。

このページのトップへ戻る