龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

龍谷大学では、2010(平成22)年度から2019(平成31)年度までの10年間の改革指針として策定した「第5次長期計画」に基づき、これまで全学的な改革と大学の発展に資する事業を検討してきました。

今般、2015(平成27)年4月に、滋賀県の瀬田キャンパスにある「国際文化学部」を京都市内の深草キャンパスに移転するとともに、新たに瀬田キャンパスに「農学部(仮称)」を設置することを決定いたしました。

この農学部は、「食の循環」にかかる教学展開を通じて「食の安心・安全」及び「持続可能な社会」の実現を図る教育をめざしています。その根底には、「いのち」を支える「食」のあり方を捉え、建学の精神に基づいた人間教育を通じて、本学独自の人間育成を図る点に特徴があります。ここでは、人文科学・社会科学・自然科学すべての領域を総合した4学科構成による教学展開を図り、学部としての学際性を高めながら、多様な観点から偏りのない教育・研究を行う予定です。こうした人間を育むことに軸足を置いた学際性の高い農学教育は、既存の農学部には見られず、本学の大きな特色になると考えています。

また、純然たる農学部の設置は、仏教系大学の中で全国初であり、また、1980年に旧九州東海大学(現東海大学)が農学部を設置して以来、35年振りの設置となり、関西の私学では2校目、全国の私学でも7校目の設置となります。

背景

龍谷大学では、2010年度から2019年度までの改革指針として、第5次長期計画(以下、「5長」と表現します。)を策定し、「進取と共生(ともいき)、世界に響きあう龍谷大学」をスローガンに、到達すべき将来像として「2020年の龍谷大学像」を掲げ、その実現のために、「教育」・「研究」・「社会貢献」・「大学運営」・「施設整備計画」の5つの観点から新たな施策を講じ、改革・改善に取り組んでいます。

ここでは、約50のアクションプランをとりまとめ、それに基づいた様々な施策を講じることで、大学全体の活性化に取り組むとともに大学機能の充実を図り、高等教育機関として社会からの負託に応え、社会をリードする大学をめざしています。

その中でも、5長を象徴し、その原動力になる重点課題として、「国際文化学部の深草キャンパス移転」および「瀬田キャンパスへの農学系新学部の設置」を構想しました。これらの事業展開によって、本学が有する3つのキャンパスの拠点機能を充実深化させ、それぞれのキャンパスにおける特性や特色を活かした教育・研究・社会貢献活動に取り組み、京都・滋賀という地域とともに発展する大学をめざしていきます。

このページのトップへ戻る