龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

プレスリリース資料(2012年4月10日)

2012(平成24)年4月10日

2015年 4 月、深草キャンパス(京都)に国際文化学部を移転、
瀬田キャンパス(大津)に農学部(仮称)を開設予定

-農学系学部の新設は、全国の仏教系大学で初!-

龍谷大学(所在地:京都市伏見区、学長:赤松徹眞)では、2010年度から2019年度までの10年間の改革指針として策定した「第5次長期計画」に基づき、全学的な改革に取り組んでいます。

今般、2015年4月に、瀬田キャンパス(滋賀県大津市)にある「国際文化学部」を深草キャンパス(京都市伏見区)に移転するとともに、新たに瀬田キャンパスに「農学部」を設置することを決定し、具体的な開設準備をすすめてまいります。

農学系学部の設置は、全国の仏教系大学で初となります。私立大学としては、1980年に旧九州東海大学(現東海大学)が農学部を設置して以来、35年ぶりの設置となります。

「国際文化学部」の深草キャンパス移転の概要

深草キャンパスには、現在、人文科学系学部として文学部の1・2年次生が、社会科学系学部として経済学部・経営学部・法学部・政策学部の4学部があります。国際文化学部が移転することにより、人文科学と社会科学を総合した教学の実現を図り、それぞれが互いに影響し響きあうことで効果的な教学連携を実現し、深草キャンパスの特色化を図ろうと考えています。また、500人を超える留学生が深草キャンパスに在学することとなり、日本人学生を含めて、様々な国や地域から多様な文化的背景をもった学生が学ぶことになります

(1)国際文化学部/大学院 国際文化学研究科 収容定員(入学定員・編転入定員)<2012年4月現在>
学部   1,860名(留学生定員120名を含む) (入学定員:450名・編転入定員30名)
大学院    42名(入学定員:19名)
(2)国際文化学部のキャンパス移転効果
  • 多文化共生キャンパスの実現
  • 国際化推進拠点の充実強化
  • 人文科学・社会科学を総合した教学の実現
  • 国際都市「京都」の立地環境を活用した新たな教学展開

農学部の概要

農学部は、「食の循環」にかかる教学展開を通じて「食の安心・安全」および「持続可能な社会」の実現を図る教育をめざします。その根底には、「いのち」を支える「食」のあり方を捉え、建学の精神に基づいた人間教育を通じて、本学独自の人間育成を図る点に特徴があります。ここでは、人文科学・社会科学・自然科学すべての領域を総合した4学科構成による教学展開を図り、学部としての学際性を高めながら、多様な観点から偏りのない教育・研究を行う予定です。こうした人間を育むことに軸足を置いた学際性の高い農学教育は、他大学にはみられない大きな特色です

(1)学科構成 収容定員(入学定員・編転入定員)
学部合計  1,660名(入学定員400名・編転入定員30名)  
食料経済学科 500名(入学定員120名・編転入定員10名)、
生物生産学科 500名(入学定員120名・編転入定員10名)、
農業生産基盤学科 340名(入学定員80名・編転入定員10名)、
食品栄養学科 320名(入学定員80名)
(2)農学部の特徴
  • 「食の安心・安全」に基づく持続可能な社会を見据えた教学展開
  • 自然科学・人文科学・社会科学の全ての学問領域を総合した教学展開
  • 「食の文化」を含めた栄養学的観点も包摂した教学展開
  • 文化・歴史・経済・社会・地域政策・コミュニティー・国際関係などの多様な分野を総合したカリキュラム展開
  • 持続可能性や環境調和性を備えた農業のあり方を総合的に科学する実証的な学部

プレスリリース原文

このページのトップへ戻る