龍谷大学
  • 学長メッセージ
  • 背景等
  • 国際文化学部の深草キャンパス移転
  • 農学部(仮称)の設置
    • 瀬田へ農学部を設置するにいたった経緯
    • 農学部(仮称)に込めた思い
    • 農学部(仮称)の概要
    • 基本理念
    • 人間育成像
    • 各学科の特徴
    • 学科構成および定員規模、開設時期
  • 地域と連携した教学展開
  • 京都府知事・京都市長コメント
  • 滋賀県知事・大津市長コメント
  • プレスリリース資料(2012年4月10日)
  • 第5次長期計画グランドデザイン RYUKOKU VISION 2020
  • RYUKOKU VISION 2020 Concept of Ryukoku2020

「国際文化学部」の深草キャンパス移転および「農学部(仮称)」の設置について

国際文化学部の深草キャンパス移転

本学では深草キャンパスに、人文科学系学部として文学部の1・2年次生が、社会科学系学部として経済学部・経営学部・法学部・政策学部の4学部があります。これらの学部は、部分的に連携をしつつも、それぞれの教学理念に基づいた独自の教育を展開してきました。

ここに国際文化学部が加わることで、深草キャンパスにおいて、人文科学と社会科学を総合した教学の実現を図り、それぞれが互いに影響し響きあうことで効果的な教学連携を実現し、深草キャンパスの特色化を図ろうと考えています。

また、同時に、深草キャンパスは 国際都市「京都」に位置しており、この立地で国際文化学部が教学展開を図ることで、新たな可能性を見いだすことができます。さらに、国際文化学部が深草キャンパスに来ることで、世界各国から本学に学びに来る外国人学生のうち、500人を超える留学生が深草キャンパスで学ぶこととなり、日本人学生を含めて、様々な国や地域から多様な文化的背景をもった学生が学ぶことになります

こうした様々な移転効果を期待し、龍谷大学がより魅力ある大学となるべく、本部機能がある深草キャンパスへ本学の国際化を牽引する教学資源を集中させ、大学の中心から全学に国際化を発信していくこととし、その中核となる推進母体として「国際文化学部」をキャンパス移転することにいたしました。

このことによって、5長でめざす多文化共生キャンパスの実現を果たしていきます。

国際文化学部のキャンパス移転効果

  1. 多文化共生キャンパスの実現
  2. 国際化推進拠点の充実強化
  3. 人文科学・社会科学を総合した教学の実現
  4. 国際都市「京都」の立地環境を活用した新たな教学展開

国際文化学部ホームページへ

このページのトップへ戻る