Need Help?

About

大学紹介

エコキャンパス実現に向けた基本方針

近年、二酸化炭素などの温室効果ガスの増加により、地球規模で温暖化が進行し、世界各地で異常気象が多発するなど、人間活動や生態系に深刻な影響を与えています。 

我々は将来世代に良好な環境を引き継ぐため、低炭素、資源循環型の持続可能な社会を築いていく責務があります。

2019年10月には、再エネ100宣言 RE Action協議会が「再エネ100宣言 RE Action」という、企業、自治体、教育機関、医療機関等の団体が使用電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示し、再エネ100%利用を促進する新たな枠組みを設定しており、環境省をはじめ、京都市もアンバサダーとして行動の輪を広げる取組を行っています。

本学は、2010年度に「エコキャンパス実現に向けた基本方針」を制定し、省エネルギー等の取り組みを推進しており、2016年度からは2019年度エネルギー使用量実績を建物1㎡あたりの原油換算値(原単位)およびC0₂排出量(原単位)において、2015年度比で4%以上の削減を目指し、取り組みを実施してきました。また、京都府、京都市、スターバックスジャパン、本学学生が連携したエコイベントの実施や京都府が主催する環境フェスティバルへの参加など、本学構成員による環境問題に対する意識を醸成するための取り組みを実践してきました。

社会との共生を大学活動の理念に掲げ、教育、研究活動をおこなってきた本学にとって、社会的要請となっている環境問題への取り組みは重要なテーマであるとの認識から、下記のとおりエコキャンパス実現に向けた基本方針を定め、全ての大学構成員が一丸となって積極的に取り組みます。

1. 本学が目指すエコキャンパスの基本方針(中長期目標)について

全ての学生・教職員に対して環境問題への意識を醸成し、以下の基本方針(中長期目標)にもとづき、温室効果ガス等、環境への負荷低減がはかられたキャンパスを目指します。

【エコキャンパスの基本方針(中長期目標)】

  1. 2050年までに太陽光発電などの自然エネルギーの活用や再生エネルギーの購入により、使用電力エネルギーを100%再生エネルギーに転換(2030年度に50%、2040年度に70%、2050年度に100%)を目指します。
  2. 温室効果ガスの排出量又は二酸化炭素を実質ゼロとする「ゼロカーボンキャンパス」を目指します。
  3. ペーパレス会議の導入などにより、紙の使用量を大幅に削減することを目指します。
  4. 教育・研究により排出される産業廃棄物の再生利用率の更なる向上を目指します。

2. 短期目標の設定について

上記の基本方針(中長期目標)にもとづき、以下の4点を短期目標として設定し、全ての本学構成員による日常の省エネ・省資源活動を推進します。
これらの活動については、地球温暖化対策推進委員会において、毎年度、評価していきます。

(1) 環境負荷の低減

  • 2029年度エネルギー使用量実績を建物1㎡あたりの原油換算値(原単位)およびC0₂排出量(原単位)において、2015年度~2019年度の実績平均値比で5%以上の削減を目指します。
  • 2029年度までに本学の教育・研究において使用する紙の使用量において、2015年度~2019年度の実績平均値比で30%以上の削減を目指します。
  • 2029年度までに本学の教育・研究において排出される産業廃棄物において、2015年度~2019年度の実績平均値比で再生利用率10%以上の向上を目指します。

(2) データ分析
  省エネルギー化・省資源化の取り組み実績評価のためのデータ収集体制を整えます。

  • エネルギー使用実績については、従来の各キャンパス全体のみならず、建物ごともしくは部署単位でのデータを収集し、より的確な省エネ・省資源化に向けた分析を行います。

(3) 啓発
  学生教職員の環境に対する意識を高めることに取り組みます

  • 地方自治体や民間企業と連携し、環境に関する講演会、研修会、イベント等を実施します。
  • エネルギー使用量をWebで公表し、『見える化』を実施します。

(4) 支援
  環境活動を支援します

  • 学生教職員の自主的な環境活動を積極的に支援します。
  • 環境問題に取り組む諸活動の状況をWebで発信します。