紙の使用量削減

※2014年度までの実績です。

学内における紙の使用量は、学部・学科の新設、研究プロジェクトの増加等の理由から2012年度から2013年度においては増加傾向にありましたが、『Ryukoku Ecology』の活動の効果もあり、2013年度から2014年度においては削減することができました。
今後も、コピー機、印刷機等の機能(両面印刷・集約印刷機能、スキャン機能)を活用し、紙の使用量削減に努めます。

紙使用量(A4用紙換算)実績 ※2014年度までの実績です。

※京都:深草キャンパス・大宮キャンパス 瀬田:瀬田キャンパス

2017年度における「紙の使用量削減」の取り組み

Ryukoku Ecology2017

このページのトップへ戻る