ホームカミング・デー

 イベント報告 【2019年】
校友音楽祭in龍谷大学響都ホール 校友会館

 11月17日、校友音楽祭が龍谷大学響都ホール校友会館にて開催されました。
 ロビーには、野外活動部の学生たちが設けた小さなお子さまが遊べるコーナーもあり、これまで以上に若い世代の校友が多数集まりました。
 オープニングは、現役学生の「京炎そでふれ!輪舞曲(ロンド)」による創作演舞。客席に迫りくる勢いと若さみなぎる美しい舞いに圧倒されました。続く全国コンクール金賞受賞の吹奏楽部の現役学生によるクラリネットアンサンブルは圧巻の一言に尽き、4人の息の合った心地よい演奏が会場を魅了しました。
 校友による演奏のはじまりは、軽音・JAZZ研究会同窓会バンド「Shabby & New」。今年で5回目の出演ということもあり、円熟味ある安定した演奏でした。黄色いトマトOB・OG会の「Blues Sky」は卒業後に結成したグループで、ライブのもつ迫力と女性ボーカルの歌声に会場が引き込まれました。
 そして最後は「吹奏楽部OB・OG会」。途中、若林義人監督にタクトが譲られ、そのサプライズに喜びと緊張感ある演奏に。松田聖子さんの曲のメドレーは、懐かしくつい歌を口ずさみ、西城秀樹さんの「ヤングマン」では大きく手を広げて会場全体で音楽祭を満喫しました。  
 今回出演した団体は、校友にとって馴染みのあるクラブ・サークルです。学生時代が思い出され、現役学生との世代を超えた共演(競演)に胸を熱くした音楽祭となりました。

[在学生]京炎そでふれ!輪舞曲(ロンド)、龍谷大学吹奏楽部(クラリネットアンサンブル)
[OB・OG]軽音・JAZZ研究会同窓会バンド「Shabby&New」、黄色いトマトOB・OG会バンド「Blues Sky」、吹奏楽部OB・OG会

野外活動部
京炎そでふれ
クラリネットアンサンブル
Shabby&New
脇本美公子
校友音楽祭ヤングマン
集合写真全景

このページのトップへ