Need Help?

Learning Commons

ラーニングコモンズ

新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
(ラーニングコモンズ)

このガイドラインは、「新型コロナウイルス感染防止のための龍谷大学行動指針」における「レベル1」の場合に適用します。
「レベル2」適用期間中、ラーニングコモンズは自習室として開室します。
従来のアクティブラーニングを目的とした開室ではなく、自習室として利用を原則としますので、他の利用者の迷惑にならないように静粛を保つなど、マナーを守ってご利用ください。

スチューデントコモンズ(深草・大宮・瀬田)

1 基本方針

  • 1.1  対面着席及び隣席への着席とならないよう、座席数を削減するとともに、座席の間隔を空けるか座席間に間仕切りを設置する。
  • 1.2  換気を徹底する。

2 適用開始時期

「新型コロナウイルス感染防止のための龍谷大学行動指針」における「レベル1」適用時期

3 利用時間

通常通り

4 感染拡大予防策

  • 4.1  スチューデントコモンズ共通
    • ①「密閉」の回避(換気の徹底)
      開室時間中は原則として扉を開放し、換気を徹底する。
      空調に換気機能が付帯している場合は、換気機能を使用している旨、掲示する。
    • ②「密集」の回避(身体的距離の確保)
      身体的距離を1m程度空ける座席配置をとるため、座席数を通常の1/2に制限する。
    • ③「密接」の場面への対応(マスクの着用)
      近距離での会話や発声があることから、原則、利用の際はマスクを着用する。
    • ④ 原則、飲食不可とする。ただし、フタ付容器に入った飲料による水分補給は可能とする。
    • ⑤ 利用前に手指消毒を徹底する。
    • ⑥ 適宜、注意喚起の掲示をする。
  • 4.2  コラボレーションエリア(深草・瀬田・大宮)
    • ① 原則、利用の際はマスクを着用する。
    • ② 適宜、利用形態に応じて飛沫防止パネル設置し、利用前に使用する机を除菌シートで消毒する。
    • ③ 机と椅子は移動させずに利用
  • 4.3  アクティビティホール(深草・大宮)
    開放して利用する。
  • 4.4  クリエイティブエリア(深草・大宮・瀬田)
    利用形態に応じて飛沫防止パネルを設置する。
  • 4.5  メディアスタジオ(深草)/グループワークルーム
    利用停止
  • 4.6  プリントスポット
    ソーシャルディスタンス確保のためのガイド掲示(床掲示)

グローバルコモンズ(深草・瀬田)

1 基本方針

  • 1.1  対面着席及び隣席への着席とならないよう、座席数を削減するとともに、座席の間隔を空けるか座席間に間仕切りを設置する。
  • 1.2  換気を徹底する。

2 適用開始時期

「新型コロナウイルス感染防止のための龍谷大学行動指針」における「レベル1」適用時期

3 利用時間

通常通り

4 感染拡大予防策

  • 4.1  グローバルコモンズ共通
    開室時間中は原則として窓と扉を開放し、換気を徹底する。可能であれば和顔館南側の大窓も開放する。
    マスク不着用の者は原則利用不可とする。
    原則、飲食不可とする。ただし、フタ付容器に入った飲料による水分補給は可能とする。
    適宜、注意喚起の掲示をする。
  • 4.2  ランゲージスタディエリア
    • ① 深草キャンパスにおいては、間仕切りがすでに設置されているため、席数は制限しない。
    • ② 瀬田キャンパスにおいては、PC席(スピーキングブースを除く)は半減する。対面席はカウンターを向く席の椅子をすべて撤去し、対面着席をさせない。
    • ③ 入室前に手指消毒を徹底する。
    • ④ 利用時間は1時間30分を限度とする。
    • ⑤ 利用終了後、スタッフが都度、PC、キーボード、マウス、机の天板等を消毒する。
    • ⑥ 語学教材は書架ではなくスタッフに返却する。スタッフは高濃度アルコールで消毒した後に書架に戻す。
  • 4.3  グループスタディルーム
    • ① 原則として使用不可とし、特に必要な場合に限り利用を認める。
    • ② 飛沫防止パネルを設置する。
  • 4.4  マルチリンガルスタジオ1・2
    • ① 西を向く席の椅子をすべて撤去し、対面着席をさせない。
    • ② テーブル・椅子の設置数を減らす。
  • 4.5  グローバルラウンジ
    • ① 西を向く席の椅子をすべて撤去し、対面着席をさせない。
    • ② テーブル・椅子の設置数を減らす。
    • ③ 昼の電子レンジの設置を停止する。
    • ④ 腰掛は立て看板等を置いて利用させない。
    • ⑤ 参考図書は返本台を設け、返本台の中の書籍は使用禁止とする。なお、返本台の本はスタッフが高濃度アルコール消毒した後で書架に戻す。

ナレッジコモンズ(深草・大宮・瀬田)

1 基本方針

  • 1.1  対面着席及び隣席への着席とならないよう、座席数を削減するとともに、座席の間隔を空けるか座席間に間仕切りを設置する。
  • 1.2  換気を徹底する。

2 適用開始時期

「新型コロナウイルス感染防止のための龍谷大学行動指針」における「レベル1」適用時期

3 利用時間

図書館開館時間に準じる

4 感染拡大予防策

  • 4.1  ナレッジコモンズ共通
    • ① 「密閉」の回避(換気の徹底)
      開室時間中は原則として扉を開放し、換気を徹底する。
      空調に換気機能が付帯している場合は、換気機能を使用している旨、掲示する。
    • ② 「密接」の場面への対応(マスクの着用)
      原則、利用の際はマスクを着用する。
    • ③ 利用前に手指消毒を徹底する。
    • ④ 適宜、注意喚起の掲示をする。
    • ⑤ ナレッジスクエアは個人閲覧席として利用する。
  • 4.2  グループワークルーム共通
    利用停止
  • 4.3  プリントスポット
    ソーシャルディスタンス確保のためのガイド掲示(床掲示)