Need Help?

News

ニュース

2022.07.19

第35回日本保健福祉学会学術集会 開催【社会学部】

大会長:栗田 修司教授


日本保健福祉学会は、保健福祉における研究領域と実践領域との統合を意図し、広く保健医療関係者、福祉関係者の参画を得て、1988年(昭和63年)2月13日に設立され、「学術集会の開催」「学術雑誌の発行(年2回)」「研究セミナーの開催(年2回)」などの事業を行っています。

この度、社会学部現代福祉学科の栗田修司教授を大会長とする「第35回日本保健福祉学会学術集会」が開催されます。
『災害救援者のコミュ⼆ティ・メンタルヘルス・サポート・システム構築に向けて−スピリチュアリティを含めた⽀援を中⼼に−』と題された本学術集会は、 龍谷大学教職員及び龍谷大学の学生は参加費無料です。
災害救援者は、救援活動に従事する中で、複雑な心理的影響を受けることがあります。
このような場合どのようなサポートが有効なのか、災害救援者特有の職業意識や組織的風土を踏まえて、支援のあり方を多面的に探ります。
災害が多発化、大規模化する中で重要なテーマですので、多くのご参加をお待ちしています。

詳細は下記の通りです。

【第35回日本保健福祉学会学術集会】
テーマ:災害救援者のコミュニティ・メンタルヘルス・サポート・システム構築に向けて
    ―スピリチュアリティを含めた支援を中心に―
期  日:令和4(2022)年10月1日(土) 9時30分~17時30分 
会  場:滋賀県大津市瀬田大江町横谷1-5 龍谷大学瀬田キャンパス(8号館)
協力機関:大津市消防局
協  賛:龍谷大学社会学部学会・滋賀県消防協会・消防試験研究センター滋賀県支部
後  援:湖南広域消防局・湖南防火保安協会・日本臨床宗教師会
大 会 H P:こちらをクリックしてください


第35回日本保健福祉学会学術集会チラシ(表面)


第35回日本保健福祉学会学術集会チラシ(裏面)