Need Help?

News

ニュース

2020.09.22

シリーズ展8/特集展示「西七条のえんま堂 -十王と地獄の美術-」を開催中!【龍谷ミュージアム】

 龍谷ミュージアムでは、シリーズ展8「仏教の思想と文化 -インドから日本へ-」/特集展示「西七条のえんま堂 -十王と地獄の美術-」を開催しています。

 京都市下京区西七条の七条通り沿いに立つ「西七条えんま堂」(正法寺七条別院)は、「十王堂記」によると既に寛永2年(1625)にはこの地に前身となる十王堂として存在していたことが知られ、現在では地蔵盆などの仏事や、地域の交流の場として、多くの人々に親しまれています。
 このたび「西七繁栄会」と龍谷ミュージアムの連携事業により、えんま堂内の彫刻の調査を行ったところ、閻魔王を含む十王坐像11体が、鎌倉から室町後期にかけて、個別に作られた貴重な文化財であることが判明しました。
 この特集展示では、西七条えんま堂の十王坐像および本尊の不動明王立像(鎌倉時代)を寺外で初公開するとともに、十王や地獄にまつわる彫刻や絵画などの多彩な文化財を展示します。
 また、シリーズ展では、インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり、日本の社会にも根づいていく約2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて紹介します。

 皆様のご来館を心よりお待ちしております。

会期
 2020年9月12日(土)~ 11月3日(火・祝)
 ※ 休館日:月曜日、9月23日(水)<ただし9月21日(月・祝)は開館>

開館時間
 10:00 ~ 17:00
 ※ 最終入館受付は16:30まで


   <<新型コロナウイルス感染拡大防止対策のご理解とご協力のお願い>>

・無料入館対象の方、各種割引対象の方を含め、原則としてすべてのお客様に事前予約が必要となります。

・オンライン予約のご利用が難しい方のため、来館時に窓口にて購入できる「当日券」を若干数用意しております。
 ただし、1時間単位での入館者制限をおこなっていることから、入館までしばらくお待ちいただく場合がございます。

・発熱や咳き込み等の症状があるお客様は入館をご遠慮ください。

・入館時に検温を実施しております。37.5度以上の発熱が確認された場合、ご入館をお断りさせていただきます。

・咳エチケットにご留意いただき、マスクの着用をお願いいたします。

・手洗い及びアルコール消毒にご協力ください。

・他のお客様との距離をお空けください。

・展示室内では会話をお控えください。

・作品、展示ケース、備品や壁にはお手を触れないようお願いいたします。

・展示室毎に、入場規制を行う場合がございます。

・新型コロナウイルスの感染拡大の状況によってはやむを得ず臨時休館、もしくは本展を中止させていただくことがあります。

※ 最新の情報は龍谷ミュージアムHPをご確認ください。


関連サイト
 ・特集展示:西七条のえんま堂 -十王と地獄の美術-・特設サイト
 ・龍谷ミュージアム公式twitter
 ・開館スケジュール
 ・アクセス




ベゼクリク石窟大回廊復元展示 が撮影可能になりました。