Need Help?

News

ニュース

2021.05.19

日本経済新聞で紹介された藤岡ゼミの開発商品「ぶどう山椒の陽(ひ)」カレーがアクセスランキング4位に【経営学部】

日本経済新聞「キャンパス発この一品」に掲載された経営学部藤岡ゼミが商品開発を行ったぶどう山椒香るカレー「ぶどう山椒の陽(ひ)」(2021年2月24日掲載)が、2020年度に同紙面で取り上げられた33品目のうち電子版閲覧数上位(4位)にランクインし、日本経済新聞(2021年5月19日)に掲載されました。

▼ CLICK ▼


「キャンパス発この一品」(日本経済新聞)

龍谷大学と和歌山県有田川町は、2019年より包括連携協定を締結しており、藤岡ゼミは産地存続が危ぶまれる「ぶどう山椒」の産地を救うため、同町と「ぶどう山椒の発祥地を未来へつなぐプロジェクト」に取り組んでいます。

 

プロジェクトの成果の1つとして、有田川町産のぶどう山椒を使用したカレー「ぶどう山椒の陽(ひ)」を株式会社マンドリルと共同開発し、同社公式ホームページにおいて販売を行っております。(https://mandrillcurry.com/collections/all



「ぶどう山椒の陽(ひ)」は、学生たちが市場調査、ターゲット設定、コンセプト開発、カレー試作、具材選定、パッケージデザイン、テスト販売、プロモーションと一連のマーケティング活動に取り組み商品開発に至りました。

 

このカレーの売上の1割は、「ぶどう山椒の発祥地を未来へつなぐプロジェクト」の一環として、ぶどう山椒の苗木購入資金にあて、産地存続を目指します。

 

今後も、同町や生産者とともに、「ぶどう山椒」を知らない層への認知機会をつくり、産地振興に貢献してまいります。