龍谷大学

大阪梅田キャンパス

HOME > 大阪梅田キャンパス > 少人数で社会人と交流し学ぶ「梅キャン塾」第1回目を開催しました

少人数で社会人と交流し学ぶ「梅キャン塾」第1回目を開催しました

2018年6月21日

ビジネス界にもっとも近いキャンパスである大阪梅田キャンパスに社会人をお招きして学生との交流機会を設ける「梅キャン塾」の第1回目を6月20日に開催しました。
この企画は学生生活の更なる充実のきっかけや、インターンシップ・就職活動への準備として学部1~3年生、短大1年生、大学院1年生を対象として、企業経営者や幹部社員、採用担当者、本学卒業の人事担当者の方々を招聘し毎月1~2回開催する予定です。
第1回目の今回は、企業の人事担当者にお越しいただき、15名の参加学生と近い距離でコミュニケーションをとっていただきました。
人事担当者として採用や社員教育に長年携わってきた経験から、学生に向けて、大学で学ぶうえでぜひ知っておいてほしい考え方などを、ヘーゲルの弁証法など哲学的な概念も交えながら説明されました。1回生から3回生の学生にはやや難解な内容ではありましたが、講師が自分自身の学生時代のアルバイト経験をもとに具体例を挙げると、学生もうなずき理解が深まった様子でした。更に、講師から学生に対し、社会人になるうえでは、「リベラルアーツ(一般教養)を疎かにせず学んでほしい」、「自分の常識の範囲だけではなく、様々なことを経験し、価値観などのステージを上げてほしい」といったアドバイスもいただきました。

なお、参加学生の主な感想は次のとおりです。

・挫折を恐れずもっといろんなことにチャレンジしていきたい
・「自分を知る」ためにもインターンシップなどに参加したい
・知識だけでなく自分の価値観も磨いていきたい
・内省の大切さがわかった
・大学の講義を選択する際の基準が増えたように思う
・感謝する心を大切にしていきたい
・女性の働き方についてもっと知りたい
・海外駐在経験のある方の話を聞きたい

「梅キャン塾」では、これからも定期的に、学生が少人数で社会人と交流し学ぶことができる機会をつくっていきます。

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る