Need Help?

Recruiting

龍谷大学職員採用情報

先輩紹介

短期大学部教務課

短期大学部教務課

2016年入職(龍谷大学出身)

現在の仕事内容

私は現在、短期大学部教務課に勤務をしております。短期大学部教務課とは、短期大学部に所属する学生への教学支援を担っており、学生への履修指導やカリキュラムの編成、入学者の選抜等といった短期大学部の運営に関する事務を所管する部署となります。
その中でも、主に担当している業務は教授会の運営です。教授会とは短期大学部の意思決定を行う機関であり、学生の入学や卒業、カリキュラムの編成といった学部運営に必要な事項の審議・決定を行います。学内外の様々な組織と調整・協力を行うことはもちろんのこと、常に「学生にとってどのようにプラスになるのか」という問いかけを行いながら、業務にあたっております。

仕事をするうえで心がけていること

私が仕事をするうえで心がけていることは、2つあります。1つ目は、私たちの仕事の先には、常に「学生」がいるということです。私たち大学職員は学生にとっての一番身近な社会人であり、手本になるべき存在でもあります。一つひとつの仕事が、目の前の学生たちに影響するという責任の重さを理解し、丁寧に行うことを意識しています。
2つ目は、仕事の全体像をイメージすることです。自分の仕事は全体の中でどのような役割を担っているのかを理解することで、一つひとつの業務を作業化させず、より良いものを生み出すことを目標としています。

これから実現したいこと

学生募集のメインターゲットである18歳人口が減少する中、選ばれる大学になるにはどのようなことが必要かを具体的に提言できる職員になることが私の目標です。現在、5年目となり基本的な知識をなんとか理解することができるようになりましたが、まだまだ専門的な知識を持ち合わせるまでには至りません。高等教育に関する知識を深めることはもちろんのこと、新たな知見やスキルを身に付けられるよう、様々なことに積極的にチャレンジし、龍谷大学の発展に少しでも尽力できればと思います。

オフの過ごし方

オフの日には、旅行をすることでリフレッシュをしています。夏休みには、同期と旅行に出かけることが恒例になりつつあり、国内外問わず様々な場所を訪れ、その地のグルメや観光地・文化に触れることが私の楽しみとなっています。
また、ジムで汗を流しスーパー銭湯でゆっくりすることもあれば、近くの立ち飲み屋で至福のひとときを過ごすこともしばしばあります。
現在は、コロナ禍で外出することが難しいため、友人とオンライン飲み会やゲームなどをして、家で過ごす時間を楽しんでいます。

求める人物像・こんな人と一緒に働きたい

私は、変化を恐れず様々なことに挑戦するチャレンジ精神を持った人と一緒に働きたいと思います。コロナ禍の影響で、これまでの大学教育の在り方に大きな変化が生じました。目まぐるしく社会情勢が変化する一方、これまでの固定観念に捉われず、様々なことにチャレンジしていくことがこれからの時代に必要なスキルとなってきます。
このような変化に柔軟に対応するべく、みなさんの新しいアイデアやより良い方法を模索するチャレンジ精神に期待しています。

龍谷大学を選んだ理由

「人の成長に寄与する」ことを軸に、教育・人材業界を中心に就職活動を行っていました。その中でも、大学職員という仕事は、これからの時代を担う学生の成長に携わるだけではなく、研究支援や社会連携など多岐にわたり、そのダイナミックさに大きな魅力を感じたからです。
その中でも、龍谷大学を選んだ理由は、自身の母校であることに加え、採用説明会の際の先輩職員の丁寧さや人柄の良さに魅力を感じ、この人たちと共に働きたいと考えたからです。母校の更なる発展に向け、尽力したい思います。


マイナビ2022