最新情報

東京レインボープライド2019:龍大ブースへのご来場ありがとうございました

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2019年4月30日

性の多様性を認めあう社会を目指す「東京レインボープライド2019」に、龍谷大学として初めてブースを出展しました。メインとなるプライドフェスティバルは、4月28日、29日に東京の代々木公園一帯で開催され、初日におこなわれたパレードには約1万人が参加、2日間の来場者が約20万人というアジア最大級のイベントとなりました。
龍谷大学は、本学の取り組みを知ってもらい役立ててもらうこと、他の団体の取り組みや来場者の声などから学ぶこと、そしてネットワークを広げることを目的として、教職員・学生・卒業生による合同チームで出展しました。
龍谷大学ブースには約500人の方が来てくださり、300部用意した資料はすべてなくなってしまう盛況。特に、学生たちによる念珠づくり体験が大人気で、順番待ちの整理券を配布してお待ちいただく状況となりました。来場者の方とコミュニケーションしながら一緒に念珠づくりを楽しみ、「龍谷大学らしい良い企画ですね」と言っていただいたのがとてもうれしいことでした。
また、性の多様性をイメージするボードを用意したところ、多くの人が興味を持って自由にシールを貼ってくださり、性のありかたが一人ひとり違っていて誰一人として同じではないと言うメッセージを発信することができました。
なお、龍大生や卒業生の方がたくさん立ち寄ってくださり、「龍谷大学が出展してくれてうれしい」という声をいただいたことは何よりの励みです。他の大学の関係者や様々なブースの方ともお話しをすることができ、貴重な経験となりました。これからもご意見やご助言などを是非お寄せください。多数のご来場ありがとうございました。HAPPY PRIDE!

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る