最新情報

ジェンダー・セクシュアリティ相談の開設について(お知らせ)

  • Twitterに投稿する
  • Facebookでシェアする

2019年5月16日

大学生活で、性的指向や性自認などに関する悩みや困っていることについて相談できる「ジェンダー・セクシュアリティ相談(GS相談)」を開設します。GS相談は、2019年度に試行的に実施するもので原則として予約制です。相談の日程や場所を調整の上、相談員(教職員)が相談に応じます。本学の学生と教職員が対象で、自分自身のことだけでなく、困っている友人のことや、相談を受けた場合の対応方法などについてもお気軽にご相談ください。
相談を希望する場合は、事務局(宗教部)に来室するか、メールで予約してください(かならずポータルサイトで詳細を確認してください)。個別の事情等によって希望に沿えない場合もありますが、より良い答えを導き出せるよう一緒に考えましょう。
<受付は5月22日(水)から開始します>

【相談例】
(本人からの相談例)
・授業やサークル活動などで、性的指向や性自認に関する嘲笑的言動に困っている。
・大学で、自認する性別にもとづいた名前で呼ばれたい。
・トイレや更衣室、健康診断などの配慮をしてほしい。
(本人以外からの相談例)
・友人から相談されているが、どうして良いかわからず悩んでいる。
・学生から対応を求められ、誰に相談して良いかわからない。

【お申し込み・お問い合わせ】
お申し込み方法などの詳細は、龍谷大学ポータルrusis(ページ下部にリンクあり)の「お知らせ」に掲載していますので、必ず確認の上、お申し込みください。

事務局:宗教部(深草学舎 顕真館)
主催:龍谷大学人権問題研究委員会

龍谷大学ポータルサイトrusis

ジェンダー・セクシュアリティ相談ポスター(ファイル形式pdf サイズ0kb)

GS Consulation(ファイル形式pdf サイズ0kb)

一覧ページへ戻る >>

このページのトップへ戻る