龍谷大学
top page general information general information サイトマップ

search 
龍谷大学の概要 入学案内 就職情報 教育活動(学部・大学院) 研究活動 社会連携 生涯学習 国際交流 各種組織・部署
TOP > 明日 5月13日 公開講演会のお知らせ 国連改革とは何だったのか -国連安全保障理事会と日本-

明日 5月13日 公開講演会のお知らせ
国連改革とは何だったのか -国連安全保障理事会と日本-

法科大学院の戸塚悦朗教授(国際法学)が担当する教養教育科目「国際人権法入門」では、明日5月13日、欧州における日本外交・安全政策研究の第一人者であるラインハテ・ドリフテ氏を招き、下記のとおり公開講演会を行います。 国連安全保障理事会の常任理事国入りを悲願とする日本政府が、現在、その達成に向けて何を問題としているのか、また各国は日本の安保理常任理事国入りへの活動をどのような問題と捉えているのか。今回の講演では日本が世界人権宣言60周年に際して、国連の動きと日本と国連の深い関係を広く一般の方に知っていただき、改めて世界と日本について考えていきたいと思います。

一般の方々に公開いたしますので紙面等でご紹介いただき、また、ご取材くださいますようよろしくお願い申し上げます。

日 時:  2008年5月13日(火)13:15〜14:45
会 場: 龍谷大学深草学舎(京都市伏見区深草塚本町67) 21号館501教室
演 題: 「国連改革とは何だったのか−国連安全保障理事会と日本−」
【講演概要】
日本が国連改革のなかでどのような立場をとったのか。その経緯をヨーロッパの視点から浮き彫りにし、客観的な評価に迫る。
講 師: ラインハテ・ドリフテ氏
【講師紹介】
1951年ドイツ生まれ。1979年日本の外交政策に関する研究で博士号取得。
ニューキャッスル大学名誉教授(日本政治学)、早稲田大学客員教授、英国国際戦略研究所副所長、オッ クスフォード大学客員研究員等を歴任。
著書:『国連安保理と日本−常任理事国入り問題の軌跡』吉田康彦訳・岩波書店ほか
備 考: 事前申込不要、入場料無料

以 上

【本件に関するお問い合わせ】
龍谷大学法科大学院 戸塚悦朗教授 TEL/FAX:075-645-7921


掲載日:2008/5/12
個人情報保護について アクセス・キャンパスマップ 採用情報 このサイトについて 更新履歴 お問い合わせ先
龍谷大学(本部)〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町 67
TEL 075-642-1111 FAX 075-642-8867
E-mail:
webmaster@ad.ryukoku.ac.jp
Copyright(C) Ryukoku University All Rights Reserved