龍谷大学校友会会則

制 定

  • 1989年(平成元年)5月30日

一部改正

  • 1994年(平成6年)5月27日
  • 1998年(平成10年)5月26日
  • 2003年(平成15年)3月26日
  • 2011年(平成23年)10月5日
  • 2013年(平成25年)3月27日

第1章 総則

(名称および事務所)
第1条この会は「龍谷大学校友会」といい、その事務所を京都市伏見区深草塚本町67番地龍谷大学内におく。
(目的)
第2条この会は、会員相互の親睦をはかり、会員と母校との関係を密にし、その発展に寄与することを目的とする。
(組織)
第3条この会は、学部同窓会(以下「同窓会」という)と、役員会が別に定める基準による校友会支部
(以下「支部」という)により構成される。
  • 2 同窓会は、当該同窓会に関する会則を定め、校友会に通知するものとする。
  • 3 支部は、理事会の承認を得なければならない。
(事業)
第4条この会は、次の事業を行う。
  • (1)総会、親睦会その他の諸会合の開催
  • (2)母校への協力
  • (3)会報、校友名簿その他の刊行・頒布
  • (4)会員団体・在学生に対する援助
  • (5)会員のための諸施設及びその運営に関すること
  • (6)学校法人龍谷大学評議員の選出
  • (7)その他この会の目的を達成するために必要な事項
(会員)
第5条この会の会員は、正会員、賛助会員及び名誉会員の3種とする。
  • (1)正会員
    • 大教校以降の龍谷大学(予科・選科・専門部・本科・研究科及び大学院を含む)
      及び龍谷大学短期大学部(専攻科を含む)を卒業した者
    • 母校に在籍した者で、この会の主旨に賛同し、入会願を提出し、理事会において承認された者
  • (2)賛助会員
    • 母校の現旧教員
    • 母校又はこの会の現旧教員
    • 交換留学生、特別留学生、外国人特別生、別科学生、交換研究員、客員研究員等として龍谷大学に
      籍を置いた者で、理事会において承認された者
    • 各同窓会の会員で、正会員及び前各号以外の者
  • (3)名誉会員
    この会の事業に対して協力をし、理事会において名誉会員として承認された者

第2章 役員

(役員)
第6条この会に、次の役員をおく。
  • (1)会長1名
  • (2)副会長若干名
  • (3)理事若干名
  • (4)監事2名
  • 理事は、各同窓会より選出された各4名及び会長が推薦した者とする。
    ただし、会長が推薦する理事は同窓会選出理事総数の半数以内とし、会長を選出した理事会が
    承認した者とする。
  • 監事は、各同窓会長の意見を聞いて、理事会において選任する。
(会長・副会長の選出)
第7条会長の選出は、現に会長の職にある者の任期が満了する前2月以内に行うものとする。
  • 理事会は、前項の会長選出のため、会長候補者推薦委員会を置き、
    その推薦に基づき会長を決定するものとする。
  • 会長候補者推薦委員会は、校友会員の中から、会長候補者1名を理事会に推薦するものとし、
    その推薦にあたっては、被推薦者が会長候補者となることを承諾している旨の疎明を行わなければならない。
  • 副会長の選出は、各同窓会長の意見を聞いて、理事の中から会長の指名により行う。
(役員の任期)
第8条役員の任期は3年とし、2年経過した翌年の3月31日をもって任期満了とする。
ただし、後任者が決定するまでは、なおひきつづきその職務を行わなければならない。
  • 任期の中途において役員に欠員が生じた場合は、直ちに補充するものとする。
    この場合の任期は前項の規定にかかわらず前任者の残任期間とする。
(役員の職務)
第9条役員の職務は、次のとおりとする。
  • (1)会長この会を代表し、理事会の決定するところを執行する。
  • (2)副会長会長を補佐し、会長事故ある時は、その職務を代理する。
  • (3)理事理事会を構成し、この会の業務を行う。
  • (4)監事次の業務を行う。
    • この会の財政の状況を監査し、総会に報告すること。
    • この会の財政の状況、業務執行の状況について理事会に意見を述べること。
    • 監査の結果、不整の点のあることを発見したときは、これを理事会に報告する。
第10条この会に名誉顧問を推戴することができる。
第11条この会に名誉会長をおくことができる。
第12条この会に顧問(若干名)をおくことができる。

第3章 機関

(総会の開催)
第13条本会の総会は年1回、会長が招集する。臨時総会は理事会が必要を認めたとき又は
会員の3分の2以上の請求があったとき、開催しなければならない。
(総会の付議事項)
第14条次の事項は総会に提出し、出席者の意見を聴するものとする。
  • (1)予算について
  • (2)決算について
  • (3)事業報告
  • (4)その他の事項
(理事会の構成)
第15条理事会は、会長・副会長及び理事によって構成する。
  • 2 理事会の議長は、会長があたる。
(理事会の権限)
第16条理事会の職務権限は、次のとおりとする。
  • (1)資産管理に関する事項
  • (2)予算及び決算に関する事項
  • (3)第4条に関する事項
  • (4)その他の事項
(理事会の招集)
第17条理事会は会長が必要と認めたとき、又は理事会構成員の3分の1以上から開催を要求されたとき、
又は監事から開催を要求されたとき会長がすみやかに招集する。
(理事会の成立)
第18条理事会は定数の過半数の出席がなければ議事を開き議決をすることはできない。
ただし、委任状提出者は出席と看做す。
(理事会の参考人招請)
第19条理事会が議決をするにあたり、必要ある場合は理事以外の者に出席を求め、
その意見を聞くことができる。
(理事会の議決)
第20条理事会の議決はすべて多数決により行う。
(常任理事会の構成)
第21条常任理事会は会長・副会長・各同窓会から選出された各1名及び会長が指名する1名の理事をもって構成する。
(常任理事会の招集)
第22条常任理事会は、会長が必要と認めたとき、会長が招集する。
(常任理事会の権限)
第23条常任理事会の職務権限は、次のとおりとする。
  • (1)理事会の議決執行に関する事項
  • (2)理事会の委任事項
  • (3)その他臨時緊急の処理事項
(専門委員会の設置)
第24条会長は、必要に応じて専門委員会をおくことができる。

第4章 事務局

(事務局の設置)
第25条この会の庶務を処理するために、会長のもとに事務局をおく。
(職員)
第26条事務局に次の職員をおく。
  • (1)局長 1名
  • (2)局員 若干名
(職員の任免)
第27条事務局職員の任免は、会長が行う。
(職員の職務)
第28条局長は、会長の命をうけて、この会の庶務を処理する。
  • 2  局員は、局長の指示を受けて庶務に従事する。
(局長職務の特例)
第29条局長は、前条によるほか、毎年度、予算案・決算案を作成し会長を通じ理事会に
提案しなければならない。
(職員給与)
第30条事務局職員に対して支給する給与は、理事会において決定する。
ただし、大学の専任の職員等に兼務を依頼する場合は、無給とすることができる。

第5章 会計

(会計)
第31条この会の経費は、会費、寄付金及びその他の収入をもってあてる。
(会費)
第31条の2正会員は、終身会費として4万円を納入しなければならない。
ただし、この会費のうち1万円は入学時に予納するものとする。
(会計年度)
第32条この会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年の3月31日に終るものとする。
(決算の期日)
第33条理事会は、毎会計年度終了後2月以内に決算を完了しなければならない。
第33条の2決算には、監事会の意見を添付しなければならない。
(決算の責任)
第34条決算について監事会から不整ありと判断された場合は、理事は連帯して責任を負うものとする。

第6章 補則

(この会則の改廃)
第35条この会則の改廃は理事会において行い、その議決は出席理事の3分の2以上の同意により行う。
第36条この会則の執行に関する細則は、理事会で定めることが出来る。

付則
この会則は、1989年(平成元年)5月30日から施行する。
付則
1994年 (平成6年) 5月27日第26条、28条改正
この会則は、1994年 (平成6年) 5月27日から施行する。
付則
1998年 (平成10年) 5月26日第5条改正
この会則は、1998年 (平成10年) 5月26日から施行する。
付則
2003年 (平成15年) 3月26日第21条改正
この会則は、2003年 (平成15年) 4月1日から施行する。
この会則は、2013年 (平成25年) 4月1日から施行する。
付則
2013年 (平成25年) 3月27日第8条改正


このページのトップへ