龍谷大学校友会会長ご挨拶

龍谷大学校友会会長 赤松 徹眞

龍谷大学380年の歴史のなかで、校友会の前身である同窓会の歩みを含めて、本年、120年を迎えようとしています。龍谷大学は、親鸞聖人の精神を建学の精神として、「真実を求め、真実に生き、真実を顕すことのできる」人を育成することを伝統としています。それは自らを単純に絶対化することなく、智慧と慈悲の阿弥陀仏のはたらきのもとで自己のありようを問うことを通して、豊かな人間社会を志向する普遍的かつ全人格的な生き方の伝統でもあります。校友会は、卒業生の皆さまのご参加をえて、世代を超えて親しく集い、新たな出遇いを喜び、交流・対話の環境を創り出したいと考えています。ご支援、ご協力をたまわりますようお願い申しあげます。


このページのトップへ