[第5次長期計画スローガン] 進取と共生、世界に響きあう龍谷大学

龍谷大学は、浄土真宗の精神(親鸞精神)という不易の建学の精神を基盤とし、「進取」の精神によって時代の要請に応え、 新しい知の創造と人間の育成に取り組み、その社会的使命をはたしてきた長い歴史と伝統を有しています。ここに本学の独自性があり、 その上に縁起思想に基づく仏教的な「共生」を理念として、新しい龍谷大学像を築き上げることをめざしています。

私は、学生一人ひとりが自らの人間形成と自己実現の要求に基づいて成長していくこと、同時に今日の世界が直面している諸問題の解決に能動的にかかわり真に持続可能な世界(共生世界)の実現に参画しうる主体として成長し自立していくことを援助することが大学の使命と して重要であると考えています。

本学を構成しているすべての人々が、互いに心を通わせ、学びあい育ちあいながら、現代世界に呼応し響きあう教学を展開し、すべてのいのちが輝く世界の実現に寄与する大学づくりを共に推進していくことを希求して、「進取と共生、世界に響きあう龍谷大学」を第5次長期計 画のスローガンとして定めました。

2009(平成21)年7月2日

学長 若原 道昭

閉じる

龍谷大学

〒612-8577
京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学学長室(企画推進)

Tel.075-645-2297 Fax.075-645-2096

メール:project5[at]ad.ryukoku.ac.jp

※[at]を@に変えて送信ください。