Need Help?

Event

イベント

2019.10.11

円卓会議「当事者の声と支援のあり方」【犯罪学研究センター協力】

課題共有型(課題解決指向型)円卓会議“えんたく”を体感する機会に(入場無料・申込不要)

開催日時 2019年11月02日 14:00 ~ 2019年11月02日 17:00
開催場所 龍谷大学(深草キャンパス)紫光館4階 法廷教室
お問い合わせ 龍谷大学 法学部 石塚伸一 研究室 ATA-net事務局 [TEL] 075-645-8646 [E-mail] info@ata-net.jp [URL] https://ata-net.jp/

企画趣旨:
被害者遺族、加害者家族、加害者にはそれぞれの声があり、助けて欲しいものもあります。その声を聴き、私たちにできること、どのよう な支援があるのか、相手の立場に立った支援のあり方について”えん たく”方式で皆さんと課題を共有し、一緒に考えたいと思います。
なお、”えんたく”とは、ATA-netが開発した課題共有型のフォーカス・ミーティングの方式で、メイン・スピーカーが問題状況について 15分程度の話題提供をし、これを受けて、ファーストテーブルのスピーカーが自分の持っている情報を順に話します。その後、相互に追加 情報を提供し、その後に他の参加者と共に3名程度のグループを作って話し会います。再度、ファーストテーブル・スピーカーが情報交換をして、それぞれの考えたこと、感じたことなどを分かち合います。当事者を中心にした参加型・課題共有型の議論スキームです。

__________________________________________________________________

円卓会議「当事者の声と支援のあり方」


日程:2019年11月2日(土)14:00-17:00
会場:龍谷大学(深草キャンパス)紫光館4階 法廷教室(>>アクセス方法)

スピーカー:
・阿部 恭子(特定非営利活動法人 WorldOpenHeart 代表)
・片山 徒有(あひる一会代表)
・NPO法人マザーハウススタッフ(元受刑者)
- 司会:五十嵐 弘志 (特定非営利活動法人マザーハウス 理事長)

主催:
JST/RISTEX(社会技術研究開発事業)「安全な暮らしをつくる新しい公/私空間の構築」領域「多様化する嗜癖・嗜虐行動からの回復を支援するネットワークの構築」ATA-net(代表・石塚伸一)
・龍谷大学法学部 石塚伸一研究室 ATA-net事務局
・龍谷大学ATA-net研究センター

共催:APS研究会 | NPO法人マザーハウス
協力:龍谷大学 犯罪学研究センター(Criminology Research Center)

__________________________________________________________________


20191102flyer.pdf(778.34 KB)ファイルを開く

【>>円卓会議「当事者の声と支援のあり方」フライヤー】


龍谷大学(深草キャンパス)紫光館

龍谷大学(深草キャンパス)紫光館


紫光館4階 法廷教室

紫光館4階 法廷教室