Need Help?

News

ニュース

2022.08.05

8/4 2022年度施設参観(夏季)学内プログラムを実施

矯正・保護課程では、受講生のキャリア形成を視野に入れ、講義と施設参観を組み合わせた実践的かつ体系的な教育プログラムを展開しています。今年度も新型コロナウイルスの影響により、施設参観を再開している近畿圏内の矯正・保護施設が少ないことから、法務省大阪矯正管区にご協力いただき、昨年度に続き、学内プログラムも実施することとしました。
今年度の学内プログラムは、2022年8月4日に開催し、当日は約35名の矯正・保護課程受講生(本学学生・社会人等)が参加しました。今回のプログラムは刑務所と少年院に関する内容で、実際の現場で働いていた矯正職員が講師を務め、各講師とも現地での施設参観に近い内容になるよう、施設紹介VTR等を活用しながら、丁寧に各施設の概況や業務内容などをご説明いただきました。参加者にとっては、講義で学んだ内容をより深く理解する良い機会になるとともに、将来の進路として刑務官や法務教官などの職を考えるきっかにもなりました。

<プログラム内容>※司会:井上善幸矯正・保護課程委員長 / 法学部教授
◆2022年8月4日(火)実施
 ・プログラム説明
  浜井浩一 矯正・保護総合センター長 / 法学部教授                    

 ・施設説明
  第1部(刑務所)
   説明者:大阪矯正管区第一部総務課庶務係長 
        土井 敦生氏(前任庁:大阪刑務所)
       事務官 
        松場  遼氏(前任庁:滋賀刑務所)
  第2部(少年院)
   説明者:   大阪矯正管区第三部少年矯正第一課教務係長 
         髙橋 昇平氏(前任庁:加古川学園)


学内プログラムの様子①(講師による施設説明の様子)


学内プログラムの様子②(講師による施設説明の様子)


学内プログラムの様子③(会場の様子)