Need Help?

News

ニュース

2018.10.04

アルファベットパターンを光記憶結晶にナノメートルスケールで描画【山梨大学、龍谷大学、情報通信研究機構共同研究】

国立大学法人山梨大学(山梨大学、学長: 島田 眞路)大学院総合研究部 中込 亮(博士課程3年)、内山 和治助教、堀 裕和教授、学校法人龍谷大学理工学部物質化学科 内田 欣吾教授、及び国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)ネットワークシステム研究所 成瀬 誠総括研究員らの共同研究グループは、ナノメートルサイズの針先の近接場光により、光記憶性能を持つフォトクロミック単結晶の表面に光の波長以下の大きさのパターン(アルファベット)を描き、さらに消去することに初めて成功しました。

この成果は、波長より小さなスケールにおいて、意思決定などの知的機能に必要な動的記憶構造を実証したものです。本研究は、科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業CREST(研究代表者: NICT成瀬 誠総括研究員、課題名: ナノ光学と光カオスを用いた超高速意思決定メカニズムの創成)の一環として行われました。

本研究についての詳細は、以下添付ファイルをご確認下さい。