Need Help?

News

ニュース

2018.11.21

保育園での防火訪問へ参加しました!【社会共生実習】

 11月19日に滋賀県野洲市にある「社会福祉法人 しみんふくし滋賀保育の家竹が丘」にて、湖南広域消防局東消防署と野洲市消防団が連携した防火訪問が実施され、社会学部の科目「社会共生実習(The First Aid)」(科目担当:栗田修司教授)を受講している学生たちも補助要員として参加しました。
 園児たちは紙芝居や実演等で地震や火災が起きたときにどのように身を守るのかを学びました。また、防火訪問の最後には、実際に火災が発生したことを想定して裸足で外まで逃げる訓練も行い、駆けつけた本物の消防車から放水される様子も見学することができました。
 「社会共生実習(The First Aid)」では、学生たちに防災センターの見学や上級救命救急講習を受講させるなど、日頃から防災・救命等についての高い知識を学ばせています。今回参加された野洲市消防団の方から、防災についての知識がしっかり身についているので壇上から急に話を振ったが理想的な回答をしてくれたとお褒めの言葉もいただきました。
今後も「社会共生実習(The First Aid)」では防災の啓発活動に積極的に参加していきます。


衣服に火が着いた場合に、手で口を覆い、転がって鎮火する様子


白い布を煙に見立てて、手で口を覆い、体勢を低くして逃げている様子


消防車の放水に使用するホースがどれだけ重いか体感している様子


子どもサイズの消防士服を着用している様子



社会学部「社会共生実習」について、詳しくはこちらの【専用ページ】をご覧ください。