Need Help?

News

ニュース

2018.12.27

1月9日から、シリーズ展3 特集展示「仏教美術のいきものがたり」を開催【龍谷ミュージアム】

 年末の京都は冷え込みが続き、今晩は雪が降るところもありそうです。

 さて、龍谷ミュージアムは、メンテナンスや次の展覧会の準備のため、1月8日(火)まで休館しておりますので、ご了承願います。

 1月9日(水)からは、シリーズ展3「仏教の思想と文化-インドから日本へ-」特集展示「仏教美術のいきものがたり」を開催いたします。また、日本画家・野生司香雪(のうす こうせつ/1885~1973)氏による連作絵画「釈尊絵伝」も特別陳列いたしますので、是非、ご来館ください。

 皆様のお越しをお待ちしております。


 会期
  2019年1月9日(水)~ 2月11日(月・祝)
  2019年2月16日(土)~ 3月24日(日)
  休館日:月曜日(ただし1/14、2/11の月曜日は開館)、1/17(木)

 開館時間
  10:00 ~ 17:00
  ※最終入館受付は16:30まで

 入館料
  ○一般 500 (400)円
  ○シニア・大学生 400 (300)円
  ○高校生 300 (200)円

  ※( )内は20名以上の団体料金
  ※シニアは65歳以上
  ※中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方およびその介護者1名は無料

  ※「平常展」は2017年11月に「シリーズ展」に改称しました。
   シリーズ展では、平常展の招待券もお使いになれます。

 主催
  龍谷大学 龍谷ミュージアム

 特別協力
  公益財団法人 仏教伝道協会

 後援
  京都新聞


 【関連サイト】
  ◆ シリーズ展 展示案内
  ◆ 開館スケジュール




<京都駅から市バス利用> 「京都駅前」【B1のりば→9番】から乗車、約5分。「西本願寺前」下車、徒歩約2分です。


龍谷ミュージアムは、京都駅から徒歩約12分(西本願寺前)です。


本展概要
 シリーズ展では、インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり日本の社会にも根づいていく約2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて紹介します。

 今回の特集展示では、“仏教説話に登場する鳥獣”や“ほとけや神が従える鳥獣”、そして“仏教建築に表される鳥獣”を取り上げます。普段は仏や菩薩の美しい造形に目を奪われますが、今回は少し視点をかえて、ほとけや神々にぴったりと寄り添ういきものたちを鑑賞してみませんか?仏教世界を彩る「いきものがたり」をのぞいてみましょう。

 また、特別陳列として日本画家・野生司香雪(のうす こうせつ/1885~1973)氏による連作絵画「釈尊絵伝」を展示します。画伯は1917年アジャンター石窟壁画の模写事業に参画、後の1936年にはインド初転法輪寺に釈尊一代記の大壁画を完成させました。